スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)

納得の出来栄え 2016.09.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。

厳しい競争に臨むスバルのエントリーモデル

スバルといえば何はともあれ水平対向エンジン。それゆえに変速機は縦置きが大前提。だからこそ、大工事なしで左右対称の四輪駆動が可能となり、それがまた、ブランドのオリジナリティーへとつながる。

……と、彼らのクルマ作りがこのスキームである限り、Bセグメント以下のモデルを開発し、それを過酷な価格競争にさらすことは非常に難しい。軽自動車も含め100万円台前半からのクルマたちは、サプライヤーや工場設備を含め、横置きFFを前提にすべての原価がパツパツで算出されている。直近の例外はRRの「スマート・フォーツー/フォーフォー」&「ルノー・トゥインゴ」だが、これもダイムラーとルノーの提携による開発や製造のスケールメリットを何年も模索してたどり着いた、恐らくはカツカツのプロダクトだろう。

ゆえに、Cセグメント相当のインプレッサは、世界市場において実質的なスバルブランドのボトムを担うモデルということになる。でもそれでは、「アシになればいい」という値札一本やりの客層を相手にすることはできない。昨今の好調を背景にブランドバリューの向上を目指すマツダには、Bセグメントの「デミオ」がある。対してスバルはもう一段高いところを玄関口とし、高付加価値をユーザーに実感させなければお金を払ってもらえないわけだ。一方でCセグメントといえば、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を軸に各メーカーが本気も本気のケンカを繰り広げる世界一の激戦区でもある。行くも地獄、戻るも地獄。この瞬間、アメリカで「レガシィアウトバック」や「フォレスター」が売れまくっているとはいえ、スバルの前途は相当難儀なところにあるといえるだろう。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4625×1775×1455mmと、従来モデルより一回り大きくなったが、サイドミラーを含む全幅はこれまでと変わらず2019mmに抑えられている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4625×1775×1455mmと、従来モデルより一回り大きくなったが、サイドミラーを含む全幅はこれまでと変わらず2019mmに抑えられている。
「インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight」のインストゥルメントパネルまわり。アルミパッドつきのスポーツペダルは2.0i-S EyeSightのみに装備される。
「インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight」のインストゥルメントパネルまわり。アルミパッドつきのスポーツペダルは2.0i-S EyeSightのみに装備される。
「2.0i-L EyeSight」「2.0i-S EyeSight」に装備されるファブリックとトリコットのコンビシート。オプションでブラックの本革シートも用意される。
「2.0i-L EyeSight」「2.0i-S EyeSight」に装備されるファブリックとトリコットのコンビシート。オプションでブラックの本革シートも用意される。
リアシートは「G4」「スポーツ」ともに6:4の分割可倒機構付きで、荷室を拡張できる。
リアシートは「G4」「スポーツ」ともに6:4の分割可倒機構付きで、荷室を拡張できる。
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
ホームへ戻る