日産セレナG(FF/CVT)

家族が変わる、ミニバンも変わる 2016.09.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。

社会学の知識で企画されたモデル

ミニバンは家族のクルマだ。技術説明会では、まず白いスクリーンに「家族」という文字が大きく映し出された。これが「セレナ」のターゲットカスタマーであると強調したのだ。しかし、少子化が進む中、家族だけを相手にしていたらミニバンの未来は暗いのではないか。日産は百も承知である。ちゃんと対策を考えていた。家族の形態が変わりつつあり、新しいセレナは変化に対応するように仕立てたクルマなのだという。

核家族化が進んで両親と子供が1人か2人で構成される世帯が普通になっているが、最近では家族の範囲が広がっているそうだ。近居(1時間以内の場所に住んでいること)であれば、祖父母はもとよりおじさんおばさんやいとこたち、下手をすると友達までが家族扱いされてしまう。行政や政治に頼らず、自分たちでコミュニティーを作るというマインドが広がっている。ネオ大家族主義とでも言うべきトレンドに向けて、セレナは企画された。クルマを作るのに社会学の知識が必要とされる時代になったらしい。

設定されたキーワードは、BIG、EASY、FUNである。こうやってコンセプトに落としこむと、今までのミニバンと変わらないような気もする。このクラスには「トヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイア」3兄弟、「ホンダ・ステップワゴン」という強力なライバルがいて、長年激しい競争を繰り広げてきた。アピールポイントはどうしても似てくる。その中で突出した強みをどう見せるかが勝負になる。

新型「セレナ」の運転席まわり。細身のAピラーや低く抑えたメーターなどにより、従来モデルを上回る広々とした視界を確保している。
新型「セレナ」の運転席まわり。細身のAピラーや低く抑えたメーターなどにより、従来モデルを上回る広々とした視界を確保している。
センタークラスターにはイグニッションスイッチやCVTのシフトセレクター、電動パーキングブレーキのスイッチなどが配されている。
センタークラスターにはイグニッションスイッチやCVTのシフトセレクター、電動パーキングブレーキのスイッチなどが配されている。
「セレナ」は日産がラインナップする5ナンバークラスの箱型ミニバンであり、今回の新型は5代目のモデルに当たる。
「セレナ」は日産がラインナップする5ナンバークラスの箱型ミニバンであり、今回の新型は5代目のモデルに当たる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る