「クライスラー300S」にラグジュアリーな限定車

2016.09.12 自動車ニュース
「クライスラー300Sアロイエディション」
「クライスラー300Sアロイエディション」 拡大

FCAジャパンは2016年9月12日、クライスラーブランドの4ドアセダン「300S」の限定モデル「300Sアロイエディション」を発表し、同日より販売を開始した。限定台数は20台で、価格は577万8000円。

今回の限定モデルの特徴は、ラグジュアリー感を演出する内外装のカラーコンストラストにある。内装はブラックを基調に、アロイエディション専用のキャメルカラーのステッチが採用された。一方、外装には20インチのダークブロンズアルミホイールや、デュアルマフラーカッターなどが装着されている。

主な特別装備は以下の通り。
・アナログ時計(ニッケル/シルバーカラー)
・ピアノブラック/チタンカラーアクセント(コンソールベゼル・センターパネル・ドアトリム)
・キャメルステッチ入りインテリアアクセント
・300S アロイエディション専用フロアマット
・グロスブラックフロントグリル(ダークブロンズアクセント入り)
・ダークブロンズウイングバッジ・300Sバッジ
・デュアルマフラーカッター(チタンカラー)
・20インチダークブロンズアルミホイール

(webCG)
 

関連キーワード:
300クライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • クライスラー販売終了は影響するか?
    日本におけるアメ車のこれからを考える
    2018.2.23 デイリーコラム クライスラー車の国内における正規販売が終了。これは、日本市場でのアメリカ車衰退を示しているのか、それとも、単にクライスラーブランドに限ったことなのか? わが国における、アメリカ車のこれからについて考えた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • 「ホンダ・ジェイド」に2列シートの5人乗りモデル登場 2018.5.17 自動車ニュース 本田技研工業は、「ジェイド」のマイナーチェンジモデルを2018年5月18日に発売する。新たに2列シートの5人乗り仕様を設定したほか、グレード構成の大幅な見直しを行った。また、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車に標準装備としている。
ホームへ戻る