テスラ、電気自動車SUV「モデルX」を公開

2016.09.12 自動車ニュース
東京都内で公開された「テスラ・モデルX」。
東京都内で公開された「テスラ・モデルX」。

テスラモーターズジャパンは2016年9月12日、電気自動車の新型SUV「モデルX」を日本初公開するとともに、オンラインで予約受け付けを開始した。車両本体価格は895万円から。納車は2017年前半からを予定している。

ボディーサイズは全長5037×全幅2070×全高1680mm。車重は2468kg。ドアを開いた状態だと全高は2200mmに達する。
ボディーサイズは全長5037×全幅2070×全高1680mm。車重は2468kg。ドアを開いた状態だと全高は2200mmに達する。
医療用の空気清浄システムを備えており、室内の空気は手術室と同レベルのクリーンさに保たれるという。
医療用の空気清浄システムを備えており、室内の空気は手術室と同レベルのクリーンさに保たれるという。
荷室容量は6シーターレイアウトで2180リッターが確保可能。
荷室容量は6シーターレイアウトで2180リッターが確保可能。
テスラモーターズジャパンのニコラ・ヴィレジェ社長。
テスラモーターズジャパンのニコラ・ヴィレジェ社長。

■後席用にガルウイングドアを採用

今回、国内で初公開されたモデルXは、前後アクスルにモーターを1基ずつ搭載する4WD電気自動車。駆動用バッテリーは60kWhから100kWhまで4種類が用意され、100kWh仕様の最上級モデル「モデルX P100D」は0-100km/h加速が3.1秒、最高速が250km/hという高性能スポーツカー顔負けの動力性能と、542kmの推定航続距離(新欧州走行サイクルによる)を誇る。公開当日は左ハンドル車が展示されたが、日本向けはすべて右ハンドルになる。

ボディーはセダンの「モデルS」よりひと回り大きい。シートは3列配置で、乗車定員は7人。後席用ドアが“ファルコンウイングドア”と呼ばれるガルウイングドアになっており、開閉時に左右に広がらないダブルヒンジ構造を採用することで、車両の両側に30cmの空間しかなくても開け閉めができる。狭いスペースでの利便性はスライドドアに勝るとうたわれる。

テスラモーターズジャパンのニコラ・ヴィレジェ社長は、「SUVマーケットは世界中で盛り上がっており、日本でも伸びている。モデルXはテスラのビジネス戦略にとって、とても重要な新商品だ。お客さまのニーズに応えることによって、EV社会へのシフトも早めることができるだろう」と語った。

オンラインでの予約受け付け開始に続き、9月16日に東京、9月17日に大阪の直営店でも予約受け付けを開始する。

(webCG)

関連キーワード:
モデルXテスラ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2016.9.27 試乗記 電気自動車・テスラのラインナップにSUVの「モデルX」が加わった。史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたモデルXは、世界的なSUV人気を追い風に、テスラの顔になりうるか?
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
ホームへ戻る