第365回:ゴルフGTIデビュー40周年記念イベント
「GTI Meeting Japan」に参加して

2016.09.14 エディターから一言
2016年9月9日、袖ヶ浦フォレストレースウェイにて「GTI Meeting Japan」が開催された。
2016年9月9日、袖ヶ浦フォレストレースウェイにて「GTI Meeting Japan」が開催された。 拡大

「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」のデビュー40周年を記念し、初めて開催された「GTI Meeting Japan」。愛車でサーキット走行を楽しめるというファンイベントの様子を、「ゴルフGTE」オーナーとして参加した生方 聡がリポートする。

会場には「ゴルフGTI」など約240台のフォルクスワーゲン車が集合。関東だけでなく、関西や北陸など、遠方からの参加するオーナーも。
会場には「ゴルフGTI」など約240台のフォルクスワーゲン車が集合。関東だけでなく、関西や北陸など、遠方からの参加するオーナーも。 拡大
サーキット走行は「G」「T」「I-1」「I-2」の4クラスが設けられ、クラスごとに駐車エリアが分けられた。こちらはエキスパート向けの「G」クラスで、中にはチューンドカーも。
サーキット走行は「G」「T」「I-1」「I-2」の4クラスが設けられ、クラスごとに駐車エリアが分けられた。こちらはエキスパート向けの「G」クラスで、中にはチューンドカーも。 拡大
こちらは「T」クラスの駐車場。1981年式の「シロッコGTE」が来場者の視線を集めていた。
こちらは「T」クラスの駐車場。1981年式の「シロッコGTE」が来場者の視線を集めていた。 拡大

ゴルフGTIの40周年を祝う

クルマ好きなら(たぶん)誰でも知っているホットハッチの定番モデルが「ゴルフGTI」。その人気モデルがデビューから40年を迎えるということで、アニバーサリーモデルの「ゴルフGTIクラブスポーツ」がここ日本でも発売になった。きっと、多くのGTIファンは“そわそわ”していたに違いない。そんなファン心理を知ってか、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)からうれしい知らせが届いた。GTIの40周年をファンとともに祝う「GTI Meeting Japan」を開催するというのだ。

VGJはこれまでにも「Volkswagen Fest」や「Volkswagen Day」といったカスタマー向けのイベントを開催してきたが、ここ数年は最新モデルの紹介が中心となっていて、フォルクスワーゲンオーナーが愛車で集まって楽しむという意味合いは薄くなっていた。

ところが、今回のGTI Meeting Japanは、愛車でサーキットに出向き、自分のクルマで走行プログラムが楽しめるという、まさにGTIオーナー向けのイベント。一応GTIをうたってはいるが、GTI以外でもフォルクスワーゲンであれば参加が可能という寛容さもうれしいところだ。「ゴルフ3 GTI」の元オーナーであり、現在は「ゴルフGTE」を愛車とする私としては、仕事そっちのけで参加することにした。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る