第365回:ゴルフGTIデビュー40周年記念イベント
「GTI Meeting Japan」に参加して

2016.09.14 エッセイ
2016年9月9日、袖ヶ浦フォレストレースウェイにて「GTI Meeting Japan」が開催された。
2016年9月9日、袖ヶ浦フォレストレースウェイにて「GTI Meeting Japan」が開催された。

「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」のデビュー40周年を記念し、初めて開催された「GTI Meeting Japan」。愛車でサーキット走行を楽しめるというファンイベントの様子を、「ゴルフGTE」オーナーとして参加した生方 聡がリポートする。

会場には「ゴルフGTI」など約240台のフォルクスワーゲン車が集合。関東だけでなく、関西や北陸など、遠方からの参加するオーナーも。
会場には「ゴルフGTI」など約240台のフォルクスワーゲン車が集合。関東だけでなく、関西や北陸など、遠方からの参加するオーナーも。
サーキット走行は「G」「T」「I-1」「I-2」の4クラスが設けられ、クラスごとに駐車エリアが分けられた。こちらはエキスパート向けの「G」クラスで、中にはチューンドカーも。
サーキット走行は「G」「T」「I-1」「I-2」の4クラスが設けられ、クラスごとに駐車エリアが分けられた。こちらはエキスパート向けの「G」クラスで、中にはチューンドカーも。
こちらは「T」クラスの駐車場。1981年式の「シロッコGTE」が来場者の視線を集めていた。
こちらは「T」クラスの駐車場。1981年式の「シロッコGTE」が来場者の視線を集めていた。

ゴルフGTIの40周年を祝う

クルマ好きなら(たぶん)誰でも知っているホットハッチの定番モデルが「ゴルフGTI」。その人気モデルがデビューから40年を迎えるということで、アニバーサリーモデルの「ゴルフGTIクラブスポーツ」がここ日本でも発売になった。きっと、多くのGTIファンは“そわそわ”していたに違いない。そんなファン心理を知ってか、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)からうれしい知らせが届いた。GTIの40周年をファンとともに祝う「GTI Meeting Japan」を開催するというのだ。

VGJはこれまでにも「Volkswagen Fest」や「Volkswagen Day」といったカスタマー向けのイベントを開催してきたが、ここ数年は最新モデルの紹介が中心となっていて、フォルクスワーゲンオーナーが愛車で集まって楽しむという意味合いは薄くなっていた。

ところが、今回のGTI Meeting Japanは、愛車でサーキットに出向き、自分のクルマで走行プログラムが楽しめるという、まさにGTIオーナー向けのイベント。一応GTIをうたってはいるが、GTI以外でもフォルクスワーゲンであれば参加が可能という寛容さもうれしいところだ。「ゴルフ3 GTI」の元オーナーであり、現在は「ゴルフGTE」を愛車とする私としては、仕事そっちのけで参加することにした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る