第467回:イタリア式「子供乗せてます」ステッカーが個性的すぎる!

2016.09.16 エッセイ

ステッカー大好き、イタリア人

収拾がつかなくなったさびの穴隠しも含め、イタリア人はクルマにステッカーを貼るのが大好きである。1990年代に流行したものといえばスキューバダイバーのシルエットを模したものであった。スキューバダイビングが人気だった時代を象徴している。

いっぽう、その後流行したものといえば、島しょ部に渡るフェリーのステッカーだった。サルデーニャ島、シチリア島、そしてエルバ島などに行くフェリーに乗ると、航行中に船員が船倉に載せられたクルマをまわって、ペタペタと貼り付けてまわるのである。

フェリー会社としては宣伝になるし、クルマのオーナーとしては「俺はフェリーで移動してバカンスを過ごしたんだぜ」という自慢になるという一石二鳥だった。つわものはウィンドウに何枚も貼っていた。それをまねて筆者などは、いやしくも路上に落ちていたステッカーを拾って、自分のクルマに貼ったりしたこともあった。なおこのブーム、最近は格安航空会社(LCC)の台頭とともに、ちょっと落ち着いてきた感がある。

先日筆者が見かけたオペルの小型SUV「モッカ」。アップル製品に同梱(どうこん)されるステッカーからはじまり、1990年代にイタリアで流行したスキューバダイバー、そして右下にある「FUELED BY RECYCLED DINOSAURS」の「ディノザウルス燃料(化石燃料ということだろう)使用」まで、さまざまなステッカーが貼られている。
先日筆者が見かけたオペルの小型SUV「モッカ」。アップル製品に同梱(どうこん)されるステッカーからはじまり、1990年代にイタリアで流行したスキューバダイバー、そして右下にある「FUELED BY RECYCLED DINOSAURS」の「ディノザウルス燃料(化石燃料ということだろう)使用」まで、さまざまなステッカーが貼られている。
フェリーの乗船記念ステッカー。このクルマのオーナー家族は、コルシカ、エルバ両島でバカンスを過ごしたのだろう。2005年撮影。
フェリーの乗船記念ステッカー。このクルマのオーナー家族は、コルシカ、エルバ両島でバカンスを過ごしたのだろう。2005年撮影。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。