【パリモーターショー2016】GLM、新たなコンセプト車を発表

2016.09.13 自動車ニュース

電気自動車(EV)の開発・販売を行うGLM(本社:京都市左京区)は2016年9月13日、次世代EVスーパーカーのコンセプト車「GLM G4」を、パリモーターショー2016(開催期間:2016年9月29日~10月16日)で公開すると発表した。

「GLM G4」は、GLM初の量産車「トミーカイラZZ」に次ぐ、次世代のEVスーパーカーのコンセプト車。詳細は明らかにされていないが、パリモーターショー開幕に向けて、ティザーサイトで段階的に車両イメージを公開していくという。同社のパリモーターショーへの出展は初めて。

GLMは京都大学発のベンチャー企業であり、2014年にトミーカイラZZを電気自動車として復活させ、販売した。

(webCG)

「GLM G4」
「GLM G4」

関連キーワード:
G4GLMパリモーターショー2016イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「GLM G4」発表会の会場から 2017.4.18 画像・写真 京都に本社を置くベンチャー、GLMが、2019年に量産開始予定の電気自動車「GLM G4」を日本初公開! 想定価格は4000万円という電動スーパーカーの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る