第366回:氷上性能にこだわったSUV用スタッドレスタイヤ
ヨコハマの新製品「アイスガードSUV G075」を試す

2016.09.14 エッセイ
「アイスガードSUV G075」はアイスガードブランド初のSUV用スタッドレスタイヤだ。
「アイスガードSUV G075」はアイスガードブランド初のSUV用スタッドレスタイヤだ。

「ジオランダー」から「アイスガード」へ――横浜ゴムはSUV用スタッドレスタイヤのブランドを、乗用車用として親しまれているアイスガードに今シーズンから改める。その第1弾となる新製品「アイスガードSUV G075」の実力を、同社の北海道タイヤテストセンターで試した。

開発テーマは「SUVに、飛躍の氷上性能を」。発売サイズは235/55R18 100Q~175/80R15 90Qの24サイズ。価格はオープンプライス。
開発テーマは「SUVに、飛躍の氷上性能を」。発売サイズは235/55R18 100Q~175/80R15 90Qの24サイズ。価格はオープンプライス。
トレッドパターンは、接地性の向上とエッジの増加を狙って設計されている。見た目は、ヘビーデューティーなSUV用というより乗用車用という雰囲気である。
トレッドパターンは、接地性の向上とエッジの増加を狙って設計されている。見た目は、ヘビーデューティーなSUV用というより乗用車用という雰囲気である。
「アイスガードSUV G075」は、氷上性能のほかに、“性能長持ち”と省燃費にも配慮されている。また、近年人気の都市型SUVに対応するため、静粛性にも留意したという。
「アイスガードSUV G075」は、氷上性能のほかに、“性能長持ち”と省燃費にも配慮されている。また、近年人気の都市型SUVに対応するため、静粛性にも留意したという。

氷上性能の向上に主眼

いわゆる“クロスオーバー”までを含めた乗用車用スタッドレスタイヤとしての開発。それを強調するべく、ヘビーデューティーなSUV専用イメージを伴うジオランダーの名を改め、これまでパッセンジャーカー向けアイテムに用いてきたアイスガードの名称を採用――そんな“裏話“が聞こえてくるのが、ウインターシーズン到来を前に発売された、最新のSUV用スタッドレスタイヤ、アイスガードSUV G075だ。

開発の基本コンセプトは、氷上性能に長持ち性能、そして燃費性能の向上という3点。が、さらに「パターンノイズの低減など、ドライ路面を走行した際の快適性向上にも留意をした」とのことだ。このあたりが、前述の名称変更へと至った、大きな理由でもあるように受け取れる。

実際、凍結路面を引っかくエッジ効果を狙い、前後方向にジグザグ状の4本のメイングルーブや、同様のエッジ効果を横方向のグリップ向上にもつなげるべく、左右方向への振れ幅がより大きいジグザグ状のサブグルーブを採用している。さらには、接地面積の拡大を狙ったことがうかがえる幅広のセンターリブなどで構成されるそのトレッドパターンは、ヘビーデューティーなSUV用というよりは、まさにオーソドックスな乗用車用という雰囲気だ。

かつてのスパイクタイヤ時代は、「高い圧力でピンをしっかり食い込ませるため、路面との接触面積はスノータイヤよりも減らす」というのが常識だったもの。が、今や氷上性能に優れたスタッドレスタイヤづくりの定石のひとつは、接地面積を可能な限り大きく採ること。実際、この新タイヤの接地面積も、「従来品に対しておよそ5%のプラス」を実現させているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ