「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツS300hロング(後編)

2016.09.15 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像

谷口信輝の新車試乗――メルセデス・ベンツS300hロング(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「メルセデス・ベンツS300hロング」に試乗する。2.1リッター・ディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドサルーンの走りを、谷口はどう評価するのだろうか?

 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像

■ジェントルに走ってこそのSクラス

後席、前席ともに谷口がほぼ満点の評価を下したメルセデスS300hロング。そろそろ谷口自身にステアリングを託し、箱根のワインディングロードを疾走してもらうことにしよう。

「うん、思ったほどフワンフワンした乗り心地じゃないよね」
走りだしてすぐに谷口はそう語り始めた。

「スポーツにすればピッチングの収まりもよくなるけれど、その割にハーシュネスとかも悪くならない。とにかく快適な乗り心地ですよ。でも、だからといってコーナリングが鈍くさいかというと、そうでもない。ロールがすごくいい感じで抑えられていて、コーナリングも安定している。まあ、スタビリティーコントロールの警告灯がピカピカ光っているけれど、その利き方もそんなに“お仕置きモード”じゃないから、イヤな感じはしないよね」

では、最高出力204ps(150kW)の2.1リッター直4直噴ターボ・ディーゼルエンジンと最高出力20kWの電気モーターを組み合わせたパワートレインの印象はどうだろうか?

「ゼロ発進加速を試すと、スムーズで伸びやかな加速感が味わえますね。ただし、少しスピードが乗ってきたところで一度スロットルを抜いて、また踏み込んだときには『おや?』と思うくらいレスポンスが鈍いときがある。きっと、ギアがどんどんシフトアップしていっちゃうセッティングだからなんでしょうね。だから、低いギアのほうが元気に走ります」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
ホームへ戻る