アバルト124スパイダー(FR/6MT)

サソリの毒にご用心 2016.09.19 試乗記 フィアットの往年の2シーターオープン「124スパイダー」が、アバルトブランドの下でよみがえった。「マツダ・ロードスター」の骨格を持つ現代の124スパイダーの走りやいかに? 富士スピードウェイからの第一報。

なるほどこれはアバルトだ

日本人のシェフの手になるイタリア料理。富士スピードウェイで体験したアバルト124スパイダーは、そういうものであった。端正なイタリア料理。筆者はためらうことなく、こう申し上げたい。星3つ!

124スパイダーはアバルトが用意したレシピをマツダが広島でつくりあげて量産する後輪駆動の2座スポーツカーである。土台となったのは現行ND型マツダ・ロードスターで、2310mmのホイールベースほか、いわゆるアーキテクチャーは同じだ。そこに往年のフィアット124スパイダーを彷彿(ほうふつ)させるボディーを載っけた。

骨格は同じなのにプロポーションが違って見えるのは、ロングノーズ、ショートデッキのマツダ・ロードスターとは異なり、ロングデッキになっているからだ。実際に全長はロードスターより15cmほども長い。

といって鈍重でもなければバランスが崩れているというふうでもない。ピニンファリーナ時代のトム・チャーダがデザインしたオリジナル124スパイダーのアイコン、ちょっぴり奥まった丸型ヘッドライトとリアの長方形のテールライトがしっくり似合っている。イタリアンデザイン、恐るべしである。

一方、内観はロードスターそのままである。そのままでも気にならないのはステアリングホイールの中央に輝くサソリのマークに目を奪われるからだ。サソリは創業者カルロ・アバルトの星座に由来する、アバルトのシンボルである。1949年の設立以来、「フィアット500」や「600」などの小型車にチューニングを施し、レースやラリーでの数々の勝利をトリノにもたらした魔術師の栄光のエンブレムだ。

フツウのフィアットにサソリのマークを貼れば、アバルトになる。そこにあるだけで、毒が効く。ステッカーを貼りたがる唯一の動物である人間にとって、象徴とはかくも効く。冷静な判断ができなくなっちゃうのである。

現代によみがえった「124スパイダー」は、1.4リッターターボエンジン搭載車のみのモノグレード。トランスミッションは6段MTと6段ATから選べる。
スクエアな形状のテールランプは、1966年から85年まで生産されたオリジナル「124スパイダー」に通じる。
インテリアのデザインは、ベースとなる「マツダ・ロードスター」と基本的に同じ。しかし、ステアリングの中央にアバルトのエンブレムが付くと雰囲気が変わるから面白いものだ。
サソリをかたどったアバルトのエンブレム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

124スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る