プジョー、マイナーチェンジした「2008」を発売

2016.09.15 自動車ニュース
「プジョー2008 GTライン」
「プジョー2008 GTライン」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年9月15日、コンパクトSUV「プジョー2008」をマイナーチェンジして発売した。

 
プジョー、マイナーチェンジした「2008」を発売の画像
 
プジョー、マイナーチェンジした「2008」を発売の画像

2008は、プジョーの小型ハッチバック「208」をベースに開発されたコンパクトSUVである。今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやボンネットなど外装が変更されたほか、「アリュール」と「GTライン」の2つのグレード展開となった。

アリュールは、新デザインのアロイホイールや外装のクロームパーツなどで、高級感の演出に重きが置かれたグレード。インストゥルメントパネルは青で縁取られる。一方のGTラインは、より走破性に力を入れたスポーティーグレードで、滑りやすい路面で走行をサポートし、「ノーマル」「スノー」「マッド」「サンド」の4つのモードを選択できる「グリップコントロール」が標準装備となったほか、オールシーズンタイヤを装着する。内外装は黒を基調に赤をアクセントに配することで力強さを強調している。

アリュール、GTラインともに110ps/20.9kgmを発生する1.2リッター3気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは6段AT、右ハンドルのみの設定となる。また、「電動シェード」や「パノラミックガラスルーフ」がオプションで用意される。ボディーカラーは新色の「アルティメット・レッド」「アルタンス・グレー」のほか全6色から選択可能。

価格は以下の通り。
・アリュール:262万円
・GTライン:285万円

(webCG)

関連キーワード:
2008プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
ホームへ戻る