ホンダが「N-BOXスラッシュ」を一部改良し、発売

2016.09.15 自動車ニュース
「ホンダN-BOXスラッシュX・ターボパッケージ」。ボディーカラーはアッシュグリーン・メタリック&ブラック。
「ホンダN-BOXスラッシュX・ターボパッケージ」。ボディーカラーはアッシュグリーン・メタリック&ブラック。

本田技研工業は2016年9月15日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」の一部仕様を変更し、同年9月16日に発売すると発表した。

 

 

「ホンダN-BOXスラッシュG」。ボディーカラーはシャイニンググレー・メタリック。
「ホンダN-BOXスラッシュG」。ボディーカラーはシャイニンググレー・メタリック。
今回ラインナップに加わったインテリアカラーパッケージ「トレッキングスタイル」
今回ラインナップに加わったインテリアカラーパッケージ「トレッキングスタイル」

今回、内外装のカラーバリエーションの拡充と、快適装備の追加が実施された。

内装では、インテリアカラーパッケージのラインナップに、グリーンを基調にオレンジのアクセントを取り入れた「トレッキングスタイル」が追加された。一方、外装では、ボディーカラーに新色の「シャイニンググレー・メタリック」と「クリスタルブラック・パール」の2色が用意された。2色ともルーフを塗り分ける「2トーンカラースタイル」が選択可能で、前者はブラック、後者はホワイトのルーフカラーとなる。2トーンカラースタイルには別の組み合わせも追加されており、「サーフブルー&ブラック」、「アッシュグリーン・メタリック&ブラック」が設定された。また、「X・ターボパッケージ」専用の15インチアルミホイールに新デザインを採用している。

快適装備については、紫外線と赤外線をカットする窓ガラスの「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」と、「充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個)」が用意された。

そのほか、「G・Lインテリアカラーパッケージ」「G・ターボLインテリアカラーパッケージ」グレードの標準装備であった、プリクラッシュブレーキシステムとサイド・カーテンエアバッグを組み合わせた「あんしんパッケージ」を、メーカーオプション設定とすることで、カラーパッケージ装着車の値下げを実施している。

価格は「G」(FF車)の132万円から、X・ターボパッケージ(4WD)の184万円まで。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-BOXスラッシュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る