第217回:警告! とがったデザインがなくなると、ニッポンも危ないッ

2011.10.28 エッセイ

第217回:警告! とがったデザインがなくなると、ニッポンも危ないッ

コラーニデザインのスーツケース

先日カンティーナ(物置)の大掃除を決行した。これ以上寒い時期になると、とてもやる勇気が起きないからである。それをきっかけに、いくつも古いものがでてきた。まずひとつめはスーツケースだ。

考えてみれば15年前、スーツケースとヴァイオリンのケースだけ持って日本からイタリアに来たのである。
そのスーツケースは、鬼才工業デザイナーとして知られるルイジ・コラーニのデザインだ。「マルエム松崎」のブランドネームで知られた松崎が1990年代初頭に発売した「スカイウェイ・コラーニ」という製品だ。
当時勤めていた会社で初めて海外出張に行かせてもらえることになったとき、慌てて新宿伊勢丹で購入したものだ。値段はたしか6万円くらいだったと思う。

「自然界に直線はない」というデザイナーのモットーを具現すべく、各部はできる限り曲線で構成されている。外観で目を引くのは、本体の左サイドのくぼみだ。持つ人の脚に、より優しく触れることを意図したものという。グリップにはバネが付いていて、使わないときは本体側に自動的に畳み込まれるようになっていた。
内部のネット式物入れには「Colani」の文字が織り込まれ、付属のハンガーもデザイナーのいうところのバイオデザイン風曲線が多用されていた。電子ロックのキーもしかり。いかにもコラーニっぽい紡錘(ぼうすい)型で、今回中からポロッと出てきたときも思わず感動した。

わが家のカンティーナにあったルイジ・コラーニデザインのスーツケース。
わが家のカンティーナにあったルイジ・コラーニデザインのスーツケース。
左サイドのくぼみは、「体とのフィット感を向上させるため」と新製品当時説明されていた。
左サイドのくぼみは、「体とのフィット感を向上させるため」と新製品当時説明されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。