「メルセデスAMG GT」にロードスターが登場

2016.09.15 自動車ニュース
「メルセデスAMG GTロードスター」(左)と「AMG GT Cロードスター」(右)。
「メルセデスAMG GTロードスター」(左)と「AMG GT Cロードスター」(右)。

独ダイムラーは2016年9月15日、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター」の概要を発表した。

「AMG GTロードスター」
「AMG GTロードスター」
「AMG GT Cロードスター」のインテリア。
「AMG GT Cロードスター」のインテリア。
「AMG GT Cロードスター」
「AMG GT Cロードスター」

メルセデスAMG GTロードスターは、車名にも表れている通り、2シーターのスポーツカー「メルセデスAMG GT」のオープントップモデルである。エンジンはクーペと同じ4リッターV8ツインターボだが、最高出力は462psから476psに、最大トルクは61.2kgmから64.2kgmにそれぞれ高められており、0-100km/h加速は4.0秒、最高速は302km/hと公称されている。

ルーフは電動開閉式のソフトトップで、車速が50km/h以下であれば走行中でも開閉が可能。鉄やアルミ、マグネシウムを用いた軽量なフレームを用いることで、低重心化を実現しているという。

一方のAMG GT Cロードスターは、AMG GTロードスターのさらなる高性能バージョンにあたり、エンジンは最高出力557ps、最大トルクは69.3kgmを発生。後輪操舵(そうだ)や電子制御リアLSDなど、英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でお披露目されたトップグレード「メルセデスAMG GT R」に通じる技術が各所に取り入れられており、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は316km/hという動力性能を実現しているという。

(webCG)
 

関連キーワード:
AMG GTメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • ハーレーダビッドソン・ロードキングスペシャル(MR/6MT)【レビュー】 2018.2.17 試乗記 今日のハーレーを支える新世代エンジン「ミルウォーキーエイト」と、ラインナップ中随一の歴史を誇るツーリングファミリーのシャシーが織り成す走りとは? メッキを排したダークなカラーリングが特徴のカスタムモデル「ロードキングスペシャル」で試した。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
ホームへ戻る