「メルセデスAMG GT」にロードスターが登場

2016.09.15 自動車ニュース
「メルセデスAMG GTロードスター」(左)と「AMG GT Cロードスター」(右)。
「メルセデスAMG GTロードスター」(左)と「AMG GT Cロードスター」(右)。

独ダイムラーは2016年9月15日、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター」の概要を発表した。

「AMG GTロードスター」
「AMG GTロードスター」
「AMG GT Cロードスター」のインテリア。
「AMG GT Cロードスター」のインテリア。
「AMG GT Cロードスター」
「AMG GT Cロードスター」

メルセデスAMG GTロードスターは、車名にも表れている通り、2シーターのスポーツカー「メルセデスAMG GT」のオープントップモデルである。エンジンはクーペと同じ4リッターV8ツインターボだが、最高出力は462psから476psに、最大トルクは61.2kgmから64.2kgmにそれぞれ高められており、0-100km/h加速は4.0秒、最高速は302km/hと公称されている。

ルーフは電動開閉式のソフトトップで、車速が50km/h以下であれば走行中でも開閉が可能。鉄やアルミ、マグネシウムを用いた軽量なフレームを用いることで、低重心化を実現しているという。

一方のAMG GT Cロードスターは、AMG GTロードスターのさらなる高性能バージョンにあたり、エンジンは最高出力557ps、最大トルクは69.3kgmを発生。後輪操舵(そうだ)や電子制御リアLSDなど、英国の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でお披露目されたトップグレード「メルセデスAMG GT R」に通じる技術が各所に取り入れられており、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は316km/hという動力性能を実現しているという。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

AMG GTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「Eクラス」初のAMGモデルが日本上陸 2016.10.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年10月6日、新型「Eクラス」のモデルラインナップに「メルセデスAMG E43 4MATIC」を追加設定し、注文受け付けを開始した。新型Eクラスとしては初のAMGモデルとなる。3リッターV6直噴ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生する。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG GT S(FR/7AT)【試乗記】 2015.8.6 試乗記 メルセデスのスポーツモデルの最高峰「メルセデスAMG GT」に試乗した。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、アルミの骨格を持つGTの真骨頂は「軽さ」。足どりも軽やかな“ライトウェイトスーパーカー”に仕上がっていた。
ホームへ戻る