「メルセデス・マイバッハS600プルマン」が日本上陸

2016.09.15 自動車ニュース
「メルセデス・マイバッハS600プルマン」

メルセデス・ベンツ日本は2016年9月15日、ラグジュアリーサルーン、「メルセデス・マイバッハSクラス」のラインナップに「メルセデス・マイバッハS600プルマン」を追加し、受注を開始した。

 
 

メルセデス・マイバッハS600プルマンは、ショーファードリブンとしての使用を想定された、メルセデス・ベンツの最高級ラグジュアリーモデル。全長6500mm、ホイールベース4418mmというサイズは、「メルセデス・マイバッハS600」と比べて全長、ホイールベースともに1000mm以上も大きく、全高は1598mmに達する。室内はルーフライナーのほか、ドアフレームやシートコンソールまで、すべて本革張りとなる。

リアには4つのシートが用意され、2座ずつ向かい合う形で配置される。前向きに設置された2つはオーナーと特別なゲストのための「エグゼクティブシート」で、このシートはスイッチひとつで垂直に近い角度から43.5度までリクライニング調整が可能。後ろ向きに設置された2つは電動で収納することができ、その際にはシート裏面部分のディスプレイが使用可能となる。さらに、電動リアドアクローザー、電動カーテンが用意されるほか、天井の後席専用の3連メーターでは速度、時間、気温を確認できる。

前席との間にはパーティションウオールが設けられており、電動で開閉や透明度の調整が可能。クローズ時の前席とのコミュニケーションはスピーカーを経由して行う。また、その中央部には18.5インチの後席用ディスプレイも装備されている。音響システムにはドイツのハイエンドオーディオ専門メーカーであるブルメスター社のものが採用され、16個のスピーカーは合計850Wの大出力を誇る。さらにオプションで、24個のスピーカーを備え1520Wの出力を発生する「Burmesterハイエンド3Dサラウンドサウンドシステム」も用意されている。

パワーユニットは6リッターV12ツインターボエンジンで、530ps/84.6kgmを発生。トランスミッションは7段ATが組み合わされ、左ハンドル仕様のみが設定される。

メルセデス・マイバッハS600プルマンは完全受注生産モデルとなり、受注から納車までは最短でも12カ月以上を要するという。価格は8800万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。