ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)

ちょっとした奇跡 2016.09.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。

かつてのスバルを思い出す

待ちに待ったポルシェ718ボクスターの初試乗。夜の都心でキーを預かり、早くスタートしたい気持ちをグッと抑えて試乗車の周りをぐるりと一周。パッと見た感じは先代と大差ないけれど、よくよく見れば大型化されたエアインテークや鋭い目付きのヘッドランプの形状によって、フロントマスクはキリリと引き締まった。
テールランプの形も変わった。試乗車の色がシルバーだったこともあって、リアビューはウルトラマンの顔のようだ。ちょっと未来っぽい感じがするこの後ろ姿、かなり好きです。

ま、外観のチェックはそこそこにして、待ってましたのエンジン始動。試乗車は6MTだったのでクラッチを踏んでイグニッションをヒネると、2リッターの水平対向4気筒ターボはバウン! とワイルドに目覚めた。モーターが回るようにシュンと始動するエンジンが増えたいま、ガソリンが爆発していることを肌で感じるこのエンジンスタート、古い気はするけれど嫌いではない。
「ブブブブブブ」という不機嫌そうなアイドル音が不良っぽい。なるほど、不等長エキマニの水平対向4発ってこういう感じだったな、と大昔のスバル車を思い出す。6気筒とはやはり違う。

アイドル回転でクラッチをミート、発進直後のタイヤの数回転で、もうちょいトルキーなほうが発進加速が滑らかで上質になるのに、と思う。でもスポーツカーのエンジンは回してナンボ、これくらいなら、気にならないといえば気にならない。
そういえば、1996年にデビューした初代ボクスターの2.5リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンも低回転域のトルクが細くて、初めて乗った晩は靖国通りの信号待ちで2回連続でエンストして、赤面したっけ。

2016年6月に国内デビューを果たした「ポルシェ718ボクスター」。水平対向4気筒エンジンを搭載するポルシェは、1976年に「914」の生産が終了して以来、40年ぶり。
2016年6月に国内デビューを果たした「ポルシェ718ボクスター」。水平対向4気筒エンジンを搭載するポルシェは、1976年に「914」の生産が終了して以来、40年ぶり。
インテリアの様子。テスト車はオプションの「レザーインテリア」をチョイス。シートのほか、ダッシュボードやドアの内張りが本革仕立てとなる。
インテリアの様子。テスト車はオプションの「レザーインテリア」をチョイス。シートのほか、ダッシュボードやドアの内張りが本革仕立てとなる。
中央にエンジン回転計を据える、3連メーター。左側は速度計で、右側は液晶表示のマルチインフォメーションディスプレイ。
中央にエンジン回転計を据える、3連メーター。左側は速度計で、右側は液晶表示のマルチインフォメーションディスプレイ。
リアエンドには、速度に応じて自動的に立ち上がるウイングが備わる。電動スイッチでの操作も可能。
リアエンドには、速度に応じて自動的に立ち上がるウイングが備わる。電動スイッチでの操作も可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る