ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入

2016.09.16 自動車ニュース
「ジャガーXJ」
「ジャガーXJ」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、最上級セダン「XJ」の2017年モデルを発表し、受注を開始した。

 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像

■インフォテインメントシステムに通信機能を初導入

ジャガーXJの2017年モデルでは、新たに「Rスポーツ」をラインナップに追加した。Rスポーツはスポーツシートや「R」スタイルサイドシル、リアスポイラーなどを装備した新グレードで、専用オプションとしてグロスブラックのラジエーターグリルやエアインテークなどからなる「ブラックパック」が用意されている。

また装備の強化も図っており、ナビゲーション画面も表示できるフルデジタルメーターの「12.3インチTFTインストルメント・クラスター」と、8インチ静電式タッチスクリーンで操作するインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全グレードに標準で採用。InControl Touch Proにはオプションとして、緊急時のサポートやスマートフォンを介しての車内の温度調整、車内におけるWi-Fi通信の利用などを可能とする通信機能を初導入した。

このほかにも、ボディーカラーに「ガリウムシルバー」「シージアムブルー」「コスミックブラック」の3色を追加している。

価格は以下の通り。
・XJラグジュアリー(2リッター直4ターボ):997万円
・XJラグジュアリー(3リッターV6スーパーチャージャー):1122万円
・XJプレミアムラグジュアリー(3リッターV6スーパーチャージャー):1226万円
・XJポートフォリオ(3リッターV6スーパーチャージャー):1373万円
・XJ Rスポーツ(3リッターV6スーパーチャージャー):1404万円
・XJR(5リッターV8スーパーチャージャー):1856万円
・XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース(5リッターV8スーパーチャージャー):2042万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)【試乗記】 2010.5.6 試乗記 ジャガーXJ ポートフォリオ(FR/6AT)
    ……1320.0万円

    見た目がガラリと変わった、ジャガーの新型「XJ」。その走りや乗り心地は、一体どんな仕上がりなのか? 巨匠 徳大寺有恒が試した。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る