ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入

2016.09.16 自動車ニュース
「ジャガーXJ」
「ジャガーXJ」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、最上級セダン「XJ」の2017年モデルを発表し、受注を開始した。

 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像

■インフォテインメントシステムに通信機能を初導入

ジャガーXJの2017年モデルでは、新たに「Rスポーツ」をラインナップに追加した。Rスポーツはスポーツシートや「R」スタイルサイドシル、リアスポイラーなどを装備した新グレードで、専用オプションとしてグロスブラックのラジエーターグリルやエアインテークなどからなる「ブラックパック」が用意されている。

また装備の強化も図っており、ナビゲーション画面も表示できるフルデジタルメーターの「12.3インチTFTインストルメント・クラスター」と、8インチ静電式タッチスクリーンで操作するインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全グレードに標準で採用。InControl Touch Proにはオプションとして、緊急時のサポートやスマートフォンを介しての車内の温度調整、車内におけるWi-Fi通信の利用などを可能とする通信機能を初導入した。

このほかにも、ボディーカラーに「ガリウムシルバー」「シージアムブルー」「コスミックブラック」の3色を追加している。

価格は以下の通り。
・XJラグジュアリー(2リッター直4ターボ):997万円
・XJラグジュアリー(3リッターV6スーパーチャージャー):1122万円
・XJプレミアムラグジュアリー(3リッターV6スーパーチャージャー):1226万円
・XJポートフォリオ(3リッターV6スーパーチャージャー):1373万円
・XJ Rスポーツ(3リッターV6スーパーチャージャー):1404万円
・XJR(5リッターV8スーパーチャージャー):1856万円
・XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース(5リッターV8スーパーチャージャー):2042万円

(webCG)

関連キーワード:
XJジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る