ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入

2016.09.16 自動車ニュース
「ジャガーXJ」
「ジャガーXJ」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、最上級セダン「XJ」の2017年モデルを発表し、受注を開始した。

 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像
 
ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入の画像

■インフォテインメントシステムに通信機能を初導入

ジャガーXJの2017年モデルでは、新たに「Rスポーツ」をラインナップに追加した。Rスポーツはスポーツシートや「R」スタイルサイドシル、リアスポイラーなどを装備した新グレードで、専用オプションとしてグロスブラックのラジエーターグリルやエアインテークなどからなる「ブラックパック」が用意されている。

また装備の強化も図っており、ナビゲーション画面も表示できるフルデジタルメーターの「12.3インチTFTインストルメント・クラスター」と、8インチ静電式タッチスクリーンで操作するインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全グレードに標準で採用。InControl Touch Proにはオプションとして、緊急時のサポートやスマートフォンを介しての車内の温度調整、車内におけるWi-Fi通信の利用などを可能とする通信機能を初導入した。

このほかにも、ボディーカラーに「ガリウムシルバー」「シージアムブルー」「コスミックブラック」の3色を追加している。

価格は以下の通り。
・XJラグジュアリー(2リッター直4ターボ):997万円
・XJラグジュアリー(3リッターV6スーパーチャージャー):1122万円
・XJプレミアムラグジュアリー(3リッターV6スーパーチャージャー):1226万円
・XJポートフォリオ(3リッターV6スーパーチャージャー):1373万円
・XJ Rスポーツ(3リッターV6スーパーチャージャー):1404万円
・XJR(5リッターV8スーパーチャージャー):1856万円
・XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース(5リッターV8スーパーチャージャー):2042万円

(webCG)

関連キーワード:
XJジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る