ホンダNSX(4WD/9AT)

未知の世界へ 2016.09.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。

価格は初代の3倍に

1990年から2005年まで、初代NSXはトータルでおよそ1万8000台がつくられ、アメリカで9500台、日本で7300台が販売された。

いちばんたくさん売れるところでつくる、というホンダの方針に従って、新型NSXはアメリカ生産に変わった。チーフエンジニアにあたるLPL(ラージプロジェクトリーダー)も、こんどは米国ホンダのアメリカ人だ。米国生産のホンダ車はいくらでもあるが、LPLを米国チームから出すのは異例のことである。
開発は栃木とオハイオの日米共同で行われた。ざっくり言うと、シャシーとボディーがアメリカ、パワートレインは日本が担当した。

4年かけて完成した2代目NSXは、ランボルギーニ流に言うなら、「NSX LP350-4ハイブリッド」である。モーターと組み合わせた新設計の3.5リッターV6ツインターボを、初代とは違って縦置きにして後輪を駆動。さらに、左右前輪を2基のモーターでそれぞれ駆動する。ホンダの言う「スポーツハイブリッドSH-AWD」、その最新バージョンを搭載するミドシップスーパースポーツである。

聞いているだけでおなかいっぱいになりそうなメカもスゴイが、2370万円という価格もスゴイ。それでも、欧州製ミドシップスーパースポーツよりは安いものの、初代NSXの3倍である。

現在、オハイオでの生産は、1日6~8台といわれる。北米モデル、アキュラNSXのデリバリーはすでに始まっているが、日本での発売は来年2月になる。だが、それに先立って、ホンダは6台の右ハンドルモデルをそろえ、神戸で国内初のプレス試乗会を開いた。

新型「NSX」の運転席まわり。慣性重量に配慮し、インナーフレームにマグネシウムを用いたステアリングホイールが装備される。
新型「NSX」の運転席まわり。慣性重量に配慮し、インナーフレームにマグネシウムを用いたステアリングホイールが装備される。
シートには素材や色の組み合わせにより、全7種類の仕様が用意される。写真はセミアニリンレザーとアルカンターラのコンビシート。
シートには素材や色の組み合わせにより、全7種類の仕様が用意される。写真はセミアニリンレザーとアルカンターラのコンビシート。
新型「NSX」には3.5リッターターボエンジンと合計3基のモーターからなるハイブリッドシステムが搭載されており、最高出力581ps、最大トルク65.8kgmを発生する。
新型「NSX」には3.5リッターターボエンジンと合計3基のモーターからなるハイブリッドシステムが搭載されており、最高出力581ps、最大トルク65.8kgmを発生する。
日米の共同開発で誕生した新型「NSX」。生産はアメリカ・オハイオ州の専用工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」で行われる。
日米の共同開発で誕生した新型「NSX」。生産はアメリカ・オハイオ州の専用工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」で行われる。
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る