【F1 2016 速報】第15戦シンガポールGP、ロズベルグ3連勝で首位奪還

2016.09.18 自動車ニュース

F1世界選手権第15戦シンガポールGPの決勝が、2016年9月18日、シンガポールのマリーナ・ベイ市街地コース(5.065km)を61周して行われた。

熱帯の暑い夜、2時間になんなんとする過酷なレースを制したのは、メルセデスのニコ・ロズベルグ。自身200戦目の記念レースで、ポールポジションから今季8勝目、通算22勝目、夏休み明けから3連勝を飾り、チャンピオンシップでも首位に返り咲いた。

2位はレッドブル・タグ・ホイヤーのダニエル・リカルド。レース終盤にフレッシュタイヤで猛追を仕掛けたが、優勝まであと一歩、わずか0.488秒差で涙を飲んだ。

3位に入ったのはメルセデスのルイス・ハミルトンだった。マシンのセッティングが決まらず、予選でロズベルグに0.7秒も差をつけられ3位グリッドからスタート。一時は4位まで落ちたが、メルセデスが採った作戦でアンダーカットを成功させ表彰台の一角を取り戻した。

メルセデスの揺さぶりに判断が遅れたフェラーリのキミ・ライコネンはポディウムから脱落し4位。マシントラブルで最後尾からスタートしたセバスチャン・ベッテルのフェラーリは5位まで挽回しゴールした。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは予選4位からスタートで遅れ6位フィニッシュ、 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは9番グリッドから7位入賞を果たした。
フォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレスはペナルティーにより後方18番グリッドからのスタートを余儀なくされたが8位入賞までこぎつけた。トロロッソ・フェラーリのダニール・クビアト9位、そしてルノーのケビン・マグヌッセンが10位に入りポイントを手に入れた。

以下、11位エステバン・グティエレス(ハース・フェラーリ)、12位フェリッペ・マッサ(ウィリアムズ・メルセデス)、13位フェリッペ・ナッサー(ザウバー・フェラーリ)、14位カルロス・サインツJr.(トロロッソ)、15位ジョリオン・パーマー(ルノー)、16位パスカル・ウェーレイン(マノー・メルセデス)、17位マーカス・エリクソン(ザウバー)、18位エステバン・オコン(マノー)が完走した。

残り6戦となった今シーズンのドライバーズタイトル争いは、273点のロズベルグがハミルトンを8点上回りトップ奪還に成功。メルセデス同士の戦いはますます激しさを増している。ランキング3位のリカルドは179点、4位ベッテル153点、5位ライコネン148点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス538点、2位レッドブル316点、3位フェラーリ301点、4位フォースインディア112点、5位ウィリアムズ111点というオーダー。2位争いはレッドブルがフェラーリをジワジワと突き放し、4位をかけたフォースインディアとウィリアムズの戦いは両者一進一退を続けている。

(文=bg)

 
【F1 2016 速報】第15戦シンガポールGP、ロズベルグ3連勝で首位奪還の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。