ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)

スポーティーとラグジュアリーの融合 2016.09.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗。新機軸の投入により、さらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。

すべてが新しい

この先、フォルクスワーゲングループ内のさまざまなブランドで活用していくことを前提に、ポルシェが責任をもって開発を担当。アルミニウム材の使用部位を増し、マルチマテリアル化も進めて、強靱(きょうじん)さとともにさらなる軽量化も追った新骨格“MSB”を初採用の上で、パワーユニットやシャシー/サスペンションなども新規に開発――こうして、まさに「すべてが新しい」と紹介できる初のフルモデルチェンジを受けたパナメーラの概要は、ワークショップで得た情報を中心に、すでに本サイト上でもお伝えした通りだ(関連記事はこちら)

そんな新型パナメーラを、いよいよ自身で試せる機会がやってきた。

国際試乗会は、国際空港を発着点としたドイツ南部のミュンヘン近郊がその舞台。思い返せば、本社主催による試乗イベントは、以前からなぜかこの近辺が好んで用いられてきたものだ。

テストドライブに用意されたのは、「ターボ」に「4S」、そして「4Sディーゼル」という、いずれもツインターボ付きのエンジンに4WDシャシーを組み合わせた、現時点で発表済みのすべてのグレード。

ただし、プログラムのタイトな時間設定と「日本には導入の予定ナシ」ということから、“世界最速ディーゼルサルーン”を豪語する4Sディーゼルには、指一本触れることができなかったのは何とも残念だった……。




 
試乗はドイツ・ミュンヘン空港を起点にして行われた。試乗車は、4リッターV8ツインターボを搭載する「ターボ」と、2.9リッターV6ツインターボの「4S」(写真)の2グレード。
緩やかな弧を描くルーフラインが「911」とのつながりを強調している。写真は「ターボ」で、ボディーカラーは「サファイアブルー・メタリック」。
「ターボ」のデッキ部には、分割しながら展開する“エクステンダブル・リアスポイラー”が内蔵されている。写真は展開したところ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る