ホンダNSX 開発者インタビュー

常に挑戦していたい 2016.09.23 試乗記 ホンダ技術研究所
四輪R&Dセンター
主任研究員
和田範秋(わだ のりあき)さん

ホンダから「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載した新型「NSX」が登場。高度なハイブリッド機構と四輪制御システムを通して、ホンダが目指したものとは? 開発の経緯と、そこに込められた技術者のこだわりを聞いた。

「アメリカ製」と呼ばないで

たとえ米国生産でも、新型NSXは日米ホンダの共同開発である。神戸で開かれたプレス公道試乗会で、「ダイナミックアドバイザー」と紹介されたのが、和田さんだった。名刺には「四輪R&Dセンター LPL」と印刷されているが、LPLの部分にはボールペンで斜線が入っていた。新型NSXのLPL(開発責任者)は米国ホンダのアメリカ人のはずだが……。
それはともかく、初代のシャシー開発にも携わった和田さんは、日本側開発チームのキーマンである。

―――聞き慣れない肩書ですが。

和田範秋氏(以下、和田):シャシーの開発部隊はアメリカなので、ダイナミック(動的)な性能の味つけを彼らと一緒にやりました。

―――初代NSXのDNAを説く、的な役割ですか?

和田:そんなエラそうなものではないです(笑)。ただ、今回はパワートレインもシャシーも新規開発なので、サジェッションを与えながら、一緒につくっていった、という感じですね。開発スタート時は、北海道の鷹栖テストコースに彼らを呼んで、テストしました。

―――和田さんもオハイオへ通われた?

和田:行ったり来たりですね。多いときで、毎月。コンピューターのシミュレーションで性能評価もできますが、それではなかなかまとまらない。テレビ会議で話していると、お互い主張するだけで、最後はケンカになっちゃうんですよ。向こうにもけっこう頑固な人がいて(笑)。

―――日米の役割分担でいうと、パワートレインは日本。シャシーはアメリカということですね。

和田:シャシーも基本設計は日本でやって、アメリカで仕上げたという感じです。こっちでつくったパワートレインを送って、向こうでドッキングして、そのテスト車をまた日本にもってくる、なんてこともやりました。そのたびに人も行き来して。国内でつくるのより3倍くらい手間はかかっています。

―――それで、値段も3倍になった?

和田:(ウケる)

高度なハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。2015年1月のデトロイトショーで、まずは北米仕様の「アキュラNSX」として世界初公開された。
高度なハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。2015年1月のデトロイトショーで、まずは北米仕様の「アキュラNSX」として世界初公開された。
新型「NSX」のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)を務めるテッド・クラウス氏。
新型「NSX」のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)を務めるテッド・クラウス氏。
新型「NSX」のパワーユニットのレイアウト。同車の生産は、9段DCTや「ツインモーターユニット」などのエレクトリックデバイスは日本の浜松製作所で、エンジンは米オハイオ州のアンナ工場で、車両の組み立ては同州の「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われる。
新型「NSX」のパワーユニットのレイアウト。同車の生産は、9段DCTや「ツインモーターユニット」などのエレクトリックデバイスは日本の浜松製作所で、エンジンは米オハイオ州のアンナ工場で、車両の組み立ては同州の「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われる。
<プロフィール>
1981年入社。乗り心地・振動の解析研究に携わる。その後「シビック」や「アコード」「プレリュード」など、さまざまな車種のサスペンション開発を担当。1988年より初代「NSX」の研究・開発に携わり、後に開発プロジェクトリーダーに就任する。2010年より新型「NSX」の開発を主導。2013年に現職に就任する。
<プロフィール>
	1981年入社。乗り心地・振動の解析研究に携わる。その後「シビック」や「アコード」「プレリュード」など、さまざまな車種のサスペンション開発を担当。1988年より初代「NSX」の研究・開発に携わり、後に開発プロジェクトリーダーに就任する。2010年より新型「NSX」の開発を主導。2013年に現職に就任する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NSXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売NEW 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る