日本限定車「フィアット500ジェニオ」発売

2016.09.20 自動車ニュース
「フィアット500ジェニオ」
「フィアット500ジェニオ」 拡大

FCAジャパンは2016年9月17日、「フィアット500」の特別仕様車「Genio(ジェニオ)」を150台限定で発売した。

ダッシュボードは、「フィアット500」に関連するラフスケッチの柄でドレスアップされている。
ダッシュボードは、「フィアット500」に関連するラフスケッチの柄でドレスアップされている。 拡大
「500ジェニオ」専用のポルトローナ・フラウ製レザーシート。なおジェニオとは、イタリア語で「天才」のこと。
「500ジェニオ」専用のポルトローナ・フラウ製レザーシート。なおジェニオとは、イタリア語で「天才」のこと。 拡大
サイドビュー。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」のみ。
サイドビュー。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」のみ。 拡大
ホイールのセンターキャップ(写真)には、円周率が描きこまれている。
ホイールのセンターキャップ(写真)には、円周率が描きこまれている。 拡大

今回のフィアット500ジェニオは、FCAのデザイン部門であるチェントロスティーレが日本のためだけにデザインした特別な限定車。2016年が日本とイタリアの国交樹立150周年にあたることを記念して作られた。

ベースモデルは875ccの2気筒ターボエンジンを搭載する「フィアット500ツインエア ラウンジ」。ボディーカラーは「グレイ ポンペイ」と名付けられたメタリックグレーで、インテリアは限定モデルならではのブラック基調。専用のポルトローナ・フラウ製レザーシートが装着される。

さらに、ダッシュボード、Bピラーおよびキーケースは、現行フィアット500のデザイナーであるロベルト・ジョリートが黒板に描いたラフスケッチの柄でドレスアップ。
ミラーカバーはクローム仕立てで、限定車専用の16インチアロイホイールを装備。ホイールのセンターキャップには円周率が描かれる。

価格は271万7280円。

(webCG)

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
ホームへ戻る