第367回:非降雪地域での最適解? 
グッドイヤーの「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を試す

2016.09.21 エッセイ
テストコースを走る「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を装着した「トヨタ・プリウス」。
テストコースを走る「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を装着した「トヨタ・プリウス」。

サマータイヤとウインタータイヤの特徴を併せ持つ商品として、目下注目を集めているオールシーズンタイヤ。しかし、実際にはその雪上性能はどれほどのものなのか? グッドイヤーの「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を、本格的な雪上コースで試した。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」(手前)と、同社のスタッドレスタイヤ「アイスナビ6」。
グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」(手前)と、同社のスタッドレスタイヤ「アイスナビ6」。
2016年8月に発売された「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。既存の「ベクター4シーズンズ」が欧州生産の輸入品であったのに対し、日本国内での生産とすることでデリバリー性が改善された。また、サイズラインナップも大幅に拡充されている
2016年8月に発売された「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。既存の「ベクター4シーズンズ」が欧州生産の輸入品であったのに対し、日本国内での生産とすることでデリバリー性が改善された。また、サイズラインナップも大幅に拡充されている。
特設の雪上コースで「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を試す筆者。
特設の雪上コースで「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を試す筆者。

悩める秋

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、残暑も和らぎ、すっかり過ごしやすくなってくると、毎年繰り返されるのが“ウインタータイヤ問題”。「今年の冬は履こうか、どうしようか?」 クルマを買い替えた年なら、「スタッドレスタイヤを買うか、ガマンするか?」でいつも悩むのだ。

北海道や東北といった降雪地域ならスタッドレスタイヤは冬の必須アイテムだから、なにがなんでも履き替えなければならないだろうが、東京など、非降雪地域に住んでいると、なければないでなんとかなってしまうし、雪が降ったらクルマで出かけるのをやめれば済むという人も多い。でも、クルマで移動することが多い人、あるいはどうしてもクルマで移動しなければならない人にとっては、スタッドレスタイヤは転ばぬ先のつえ。雪のシーズンが訪れる前に手を打っておきたいところだ。

ただ、そうはわかっていても、スタッドレスタイヤを新調するとなると、出費はそれなりに大きいし、マンション住まいだとサマータイヤの保管場所にも困る。また、場合によっては、「スタッドレスタイヤも必要だけど、その前に減ったサマータイヤをなんとかしないと、来月に迫った車検が通らない」なんて悩んでいる人がいるかもしれない。自動車税の納入がある5月とともに、秋は悩ましい時期であるのだ。

そんな悩みを解決するかもしれないのが「オールシーズンタイヤ」。通常のサマータイヤと同じ使い勝手でありながら、突然の雪にも対応できる優れモノだ。これなら、冬でもドライ路ばかりを走る私のようなドライバーには好都合。さらに冬が終わってもそのまま履き続けられるので、交換の手間や、外したタイヤの保管場所に頭を痛めることもない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ