日本イタリア国交150周年を記念した「フィアット500イタリー」が登場

2016.09.20 自動車ニュース
「フィアット500 Italy(イタリー)」

FCAジャパンは2016年9月17日、150台限定の特別仕様車「フィアット500 Italy(イタリー)」の販売を開始した。

ポルトローナ・フラウ製のレザーシート。
キーにはイタリアンカラーのキーカバーが付属する。
ルーフにはイタリアンカラーのステッカー加工が施される。

今回のフィアット500イタリーは、875ccの2気筒ターボエンジンを搭載する「フィアット500ツインエア ラウンジ」をベースとした限定車。FCAのデザイン部門であるチェントロスティーレが、「日本イタリア国交150周年」を記念して、日本市場向けにデザインした。

ボディーカラーは、3層仕上げパールペイントの「アイスホワイト」(ベース車では16万2000円のオプション)のみ。内装はブラックを基調に専用のポルトローナ・フラウ製のレザーシートが装着され、シートバックには伊トリコローレカラーのロゴがステッチされる。また、ルーフステッカー、Bピラーバッジが標準装備とされ、いずれもイタリアンカラーが施されるほか、イタリアンカラーのキーカバーも付属する。さらに、ミラーカバーはクローム仕上げ、15インチアロイホイールはポリッシュ加工が施され、センターキャップの外周がホワイト仕様となる。

価格はベースモデルより12万5280円アップの271万7280円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。