第468回:「お棺」に「電車」に「調理トレイ」!? 
巨匠ジウジアーロの“自動車じゃない作品”を振り返る

2016.09.23 エッセイ

天才の仕事は生きている

カーデザインの巨匠として知られるジョルジェット・ジウジアーロ氏が、最後に保有していたイタルデザイン・ジウジアーロ社株の9.9%を2015年7月に手放し引退してから、早くも1年が過ぎた。

現在、同社の社長はフォルクスワーゲン・グループ出身のヨルグ・アスタロッシュ氏が、デザインディレクターは、前ランボルギーニのフィリッポ・ペリーニ氏が務めている。
2016年3月にはイタリアの三色旗が追加された新ロゴも採用された。さらに、ウェブサイトでは現場で働くスタッフたちの名前や顔が掲載されていたり、より広く優秀な人材を確保するためウェブ上でスタッフ募集が行われていたり、さらに、トリノ工科大学主催の就職フェアにスタンドが設けられたりもしている。48年前、天才デザイナーによって創立された会社が、新たな章に入ったと感じざるを得ない。

同社のプロダクト・デザイン部門である「ジウジアーロ・デザイン」が手がけた仕事は、イタリア生活のなかで、今もたびたび目にする。

例えば、2012年に運用開始された特急「イタロ号」である。NTV社という企業が、イタリア国鉄系トレニタリア社の鉄道網を借りて走らせている。既存キャリアの電波設備を使って携帯電話サービスを提供しているMVNO事業者の、鉄道版のような会社である。

イタルデザイン・ジウジアーロ社の新ロゴマーク。2016年3月から用いられている。
イタルデザイン・ジウジアーロ社の新ロゴマーク。2016年3月から用いられている。
特急「イタロ号」の内装は、ジウジアーロ・デザインが手がけた。写真はビジネス・クラス「プリマ」のもの。
特急「イタロ号」の内装は、ジウジアーロ・デザインが手がけた。写真はビジネス・クラス「プリマ」のもの。
これは「イタロ号」の電源アウトレット。
これは「イタロ号」の電源アウトレット。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。