BMW創立100周年記念の「7シリーズ」が日本上陸

2016.09.20 自動車ニュース
「BMW 750Liセンテナリーエディション」
「BMW 750Liセンテナリーエディション」 拡大

BMWジャパンは2016年9月20日、「BMW 7シリーズ」の特別限定車「Centenary Edition(センテナリーエディション)」を導入すると発表した。全世界100台限定で販売されるうち、日本市場には3台が導入される。同日より購入希望予約の受け付けが開始され、希望者多数の場合は抽選となる。納車は2016年11月以降となる予定。

100台限定の中の1台であることを示す専用ロゴ。
100台限定の中の1台であることを示す専用ロゴ。 拡大
日本仕様は右ハンドル仕様となる。
日本仕様は右ハンドル仕様となる。 拡大
成約記念品のモンブラン製万年筆「センテニアル・ファウンテンペン」。
成約記念品のモンブラン製万年筆「センテニアル・ファウンテンペン」。 拡大

今回の特別仕様車は、BMWの創立100周年記念モデルシリーズのひとつであり、最高出力450ps、最大トルク66.3kgmを発生する4.4リッターV8ターボエンジンを搭載した「BMW 750Li」がベースとなっている。専用に仕立てられた内外装を特徴としており、助手席側インテリアトリムと前後シートのヘッドレストには、BMWグループの次の100年を見据えたカンパニースローガンである「THE NEXT 100 YEARS」の専用ロゴが施されるほか、センターコンソール上のインテリアトリムには、全世界100台限定のうちの1台であることを示す「1 OF 100」の専用ロゴがレタリングされる。

特別装備は以下の通り。
・BMW Individualボディーカラー「センテニアル・ブルー」(専用カラー)
・20インチBMW Individualアロイホイール スタイリング649 I(鍛造)フロント:5Jx20ホイール+245/40R20タイヤ リア:10Jx20ホイール+275/35R20タイヤ
・BMW Individualフルレザーメリノインテリア 「スモークホワイト」
・BMW Individualアルカンタラルーフライニング 「スモークホワイト」
・BMW Individualインテリアトリム 「ピアノフィニッシュブラック」
・BMW Individualドアシルプレート
・デザインピュア エクセレンスエクステリア
・デザインピュア エクセレンスインテリア
・リアコンフォートパッケージプラス(スカイラウンジ・パノラマガラスサンルーフ+ヒートコンフォートパッケージ+リアマッサージシート)
・エグゼクティブラウンジシート
・アンビエントエアパッケージ
・セラミックフィニッシュ(iDriveコントローラー、エアコンディショナースイッチ、オーディオスイッチ、セレクターレバー)
・Bowers&Wilkinsダイアモンド・サラウンドサウンドシステム(1400W、16スピーカー、10チャンネルサラウンド)
・リモートパーキング
・BMWナイトビジョン(歩行者・動物検知機能付き)
・BMW Individualクールボックス
・モンブラン製万年筆「”Monblanc for BMW”Centennial Fountain Pen」(成約記念品)

価格は2146万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
7シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.20 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」に、ワゴンボディーを持つ派生モデル「スポーツツーリスモ」が登場。テストに供されたのは、最高出力550psを誇るトップパフォーマンスモデル。最高速300km/hオーバーのスペシャルなワゴンの実力とは!?
ホームへ戻る