「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデル

2016.09.20 自動車ニュース
「アウディS1 クワトロリミテッドエディション」(右)と「S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」(左)。
「アウディS1 クワトロリミテッドエディション」(右)と「S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」(左)。

アウディ ジャパンは2016年9月20日、特別仕様車「S1/S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション」を合計115台限定で発売した。

 
「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデルの画像
 
「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデルの画像
 
「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデルの画像
 
「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデルの画像
 
「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデルの画像
 
「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデルの画像

■カタログモデルとは一線を画す内外装が魅力

今回のアウディS1/S1スポーツバック クワトロリミテッドエディションは、2リッター直噴ターボエンジンとフルタイム4WDシステムが採用された高性能スポーツモデル「S1」および「S1スポーツバック」をベースとした限定モデルで、2012年に欧州で333台が限定販売された「アウディA1クワトロ」をイメージしたという内外装を特徴としている。

エクステリアでは、「ブラックハイグロススタイリングパッケージ(Audi exclusive)」やブリリアントブラックのコントラストルーフ、ブラックハイグロス フロントリップを採用するなど、ボディーの各所を黒でコーディネート。専用形状のリアウイングや5アームデザインのマットブラック18インチアルミホイール、赤と黒で塗り分けられたカラードブレーキキャリパー(Audi exclusive)、レッドラインを配したバイキセノンヘッドライト、プライバシーガラス、ボディーサイドの「quattro」ロゴなども特徴となっている。

ボディーカラーは「グレイシアホワイトメタリック」と「ミサノレッドパールエフェクト」「ベガスイエロー」の3色。ベースモデルとは異なり、ドアミラーもボディーと同色となっている。

一方、インテリアではカラーシートバック&センターコンソール、ファインナッパレザーのSスポーツシート、アルミニウムシフトノブ、レッドインナーリング付きハイグロスブラック エアコン吹き出し口カラードスリーブ、シートヒーター、BOSEサラウンドサウンドシステムなどを採用。インテリアカラーは、ボディーカラーがグレイシアホワイトメタリックとミサノレッドパールエフェクトの場合は、スチールグレー&レッド、ベガスイエローの場合はブラック&イエローとなる。

価格と販売台数は以下の通り。

【S1クワトロリミテッドエディション】
販売台数:25台
価格:449万円

【S1スポーツバック クワトロリミテッドエディション】
販売台数:90台
価格:471万円

※ともにボディーカラーがベガスイエローの場合は、プラス19万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る