スバルBRZ S(FR/6MT)

世界がうらやむ 2016.09.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。

“手ごろなFRスポーツ”という希少な存在

例えば週末の高速道路の渋滞にダラダラとハマっている最中、目の前に壁のように立ちはだかるミニバンたちの隙間から、このBRZや「トヨタ86」、マツダの「ロードスター」なんかの後ろ姿がチラチラとのぞき見えると、果たして“ガラパゴス”などと言われようが、日本はクルマの選択肢において相当恵まれた環境にあるんだなぁとしみじみする。

そう、日本のファミリーカーのど真ん中、5ナンバー級ミニバンが250万円前後の価格帯だとすれば、これらのスポーツモデルはそれとほぼ変わらぬ価格帯で手に入れることができる。しかも全てが専用のディメンションとジオメトリーを備えた後輪駆動車だ。

今や自動車メーカーはほとんどの開発や生産といったリソースをFF前提に投入している。一部のプレミアム系ブランドは話が別だが、規模・数量の限られるそこでは大きなコストダウンは望めない。つまりFRを廉価に供すること自体、無理に等しい相談ということになるだろう。唯一の例外は巨大な商圏の中に根強いニーズを抱えるアメリカだろうか。

スバルは独自のエンジン型式にこだわるがゆえ、企画から生産設備に至るまでが縦置き専用で構成されている。兄弟車をトヨタに供給することで一定の量産効果も確保できることもあって、BRZはこの価格帯でソロバンがはじけているわけだ。マツダに至っては、主力のFFモデルの隙間にFRモデルを挟んで流す複雑な混流生産のラインを数年前に完成させている。すなわち彼らの経営プランにおいて、FRモデルが無になることはあり得ないという発想なのだろう。そしてこれもまた、ロードスターをロードスター的な価格で供給するための意地だ。

「スバルBRZ」は、2リッターの自然吸気エンジンを搭載したFRのスポーツモデルである。2016年7月に大幅改良を受けた。
「スバルBRZ」は、2リッターの自然吸気エンジンを搭載したFRのスポーツモデルである。2016年7月に大幅改良を受けた。
インテリアでは、新設計のステアリングホイールが採用されたほか、「S」グレードの質感が改善。各部にレッドステッチの入ったレザー調素材や、カーボン調の装飾パネルを用いられている。
インテリアでは、新設計のステアリングホイールが採用されたほか、「S」グレードの質感が改善。各部にレッドステッチの入ったレザー調素材や、カーボン調の装飾パネルを用いられている。
テスト車には、オプションのアルカンターラと本革のコンビシート(シートヒーター付き)が装備されていた。
テスト車には、オプションのアルカンターラと本革のコンビシート(シートヒーター付き)が装備されていた。
「BRZ」は4人乗り。後席は決して広くないが、緊急用の乗車スペースとしてはもちろん、荷物置きや、スルーローディング機構を使った際の荷室の“拡張しろ”として、やはり重宝する。
「BRZ」は4人乗り。後席は決して広くないが、緊急用の乗車スペースとしてはもちろん、荷物置きや、スルーローディング機構を使った際の荷室の“拡張しろ”として、やはり重宝する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る