第368回:作り手も買い手もみんな笑顔! 
「マーチ ボレロA30」に“幸せの法則”を見た

2016.09.23 エッセイ
“本日の主役”である「マーチ ボレロA30」。
“本日の主役”である「マーチ ボレロA30」。

オーテックジャパンの創立30周年記念モデル「マーチ ボレロA30」が、いよいよオーナーのもとへ! 生産は3~4日で1台、職人が7人がかりで手作りするという、まさにオーテックでしか作れないこのクルマに、作り手と買い手の幸せな関係を見た。

工場の一角で行われた出荷式の様子。皆「マーチ ボレロA30」の姿に、興味津々のご様子。
工場の一角で行われた出荷式の様子。皆「マーチ ボレロA30」の姿に、興味津々のご様子。

来場者にあいさつするオーテックジャパンの片桐隆夫社長。片桐氏はNISMOの社長も兼任している。


	来場者にあいさつするオーテックジャパンの片桐隆夫社長。片桐氏はNISMOの社長も兼任している。
最も遠い場所から駆けつけてくれた参加者に、特大キーを進呈する片桐社長。ちなみにこのキーは、オーテックのスタッフのお手製である。
最も遠い場所から駆けつけてくれた参加者に、特大キーを進呈する片桐社長。ちなみにこのキーは、オーテックのスタッフのお手製である。
みんなに見送られ、会場をさっそうと後にする「マーチ ボレロA30」。
みんなに見送られ、会場をさっそうと後にする「マーチ ボレロA30」。

クルマを介して、作り手と買い手が幸せを共有する

「幸せなイベントだな」と思わず口にしてしまった。2016年9月16日金曜日に開催された「マーチ ボレロA30出荷式」を見ていたときだ。

このイベントは名称にもあるように、オーテックジャパンがこの春に発売したマーチ ボレロA30の出荷を見守るもの。何をするわけでもなく、できあがった完成車が工場を出ていくのを見るだけだ。それでも、このクルマを購入する予定の17組28人が、平日の日中だというのに、関東だけでなく山形や福島、三重、岡山、高知などから駆けつけたのだ。文字通りの熱心なファンである。

迎えたのは、マーチ ボレロA30の開発に携わった約60人のスタッフ。場所は、普段、出荷前の最終検査を行う作業場である。ほとんど倉庫のような急ごしらえの会場で出荷式は執り行われたのだ。

まずはオーテックジャパンの社長のあいさつ。次いで開発・生産担当者のあいさつへと続く。巨大なキーをオーテックジャパンの社長からユーザーへ渡すというセレモニーがあって、その後は完成車を前に記念撮影。最後に「3、2、1」のかけ声にあわせて始動したマーチ ボレロA30が会場を出て行くのを、皆で見送った。ここまでわずか20分ほど。

音楽も流れてなければ、派手な演出はなにもない。セレモニーに使った大きなカギはスタッフの手作り。会場も質素そのもの。それでも会場にいる誰もが笑顔である。駆けつけたファン、迎えたオーテックジャパン、そして取材するメディアのわれわれ。クルマという工業製品を間に、作り手と買い手が思いを共有する。素朴ではあったが、そんな素晴らしいイベントであった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • 日産マ−チ12G(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.9.1 試乗記 ……150万450円
    総合評価……★★★★

    日産を代表する小さな大物「マーチ」。700kmを超える走行テストを行ったミスター・テスターは、そんなマーチに、どんな評価を下すのか?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る