「レクサスGS」に2リッター直噴ターボ搭載の新グレード登場

2016.09.21 自動車ニュース
「レクサスGS200t“バージョンL”」
「レクサスGS200t“バージョンL”」

トヨタ自動車は2016年9月21日、「レクサスGS」のラインナップに2リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「GS200t」を追加設定するとともに、レクサス“F”モデルの4ドアスポーツセダン「GS F」を一部改良し、発売した。

「GS F」
「GS F」

GSの2リッター直噴ターボエンジン搭載グレード「200t」は、「NX」、「RX」、「IS」、「RC」に続き、レクサスとして5車種目となる。

また、今回一部改良としてGS200tと「GS350」の“F SPORT”に「トルセンLSD」をオプション設定したほか、ボディーカラーには、「ダークグレーマイカ」を新たに加えた全11色を設定した。さらに、AMラジオが聴きとりにくい地域でも、FM放送でAMラジオの番組が聴ける「ワイドFM」対応も実現した。

一方、GS Fには、“F”モデル用に開発した「NAVI・AI-AVS」を標準設定するとともに、ドライブモードセレクトに、パワートレインやシャシーなど各制御の組み合わせをドライバーの好みで選べる「CUSTOMIZE」モードを新設定した。また、ボディーカラーはダークグレーマイカを新設定し、全8色展開に。ワイドFM対応も実現している。

価格は以下の通り。
GS200t(FR/8AT):615万3000円
GS200t“Iパッケージ”(FR/8AT):654万9000円
GS200t“Fスポーツ”(FR/8AT):698万2000円
GS200t“バージョンL”(FR/8AT):716万円

GS350“Fスポーツ”(FR/8AT):746万5000円
GS350“Fスポーツ”(4WD/6AT):748万6000円

GS F(FR/8AT):1111万円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「レクサスLS500h」日本国内で初公開 2017.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月26日、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の新型を、国内で初披露した。同年秋以降にハイブリッド車の「LS500h」が発売され、その後に、ガソリン車の「LS500」がデビューする見込み。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS500h/レクサスLS500h“Fスポーツ” 2017.6.26 画像・写真 トヨタ自動車は2017年6月26日、同年秋以降に発売を予定している「レクサスLS500h」とスポーティーバージョンの「LS500h“Fスポーツ”」を、国内で初披露した。その姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る