メルセデス・ベンツCLA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)

「まさか!」の衝撃 2016.10.06 試乗記 「メルセデス・ベンツCLA」が3年ぶりにマイナーチェンジを受け登場。地道な改良によって進化を遂げた、新型の走りとは? 「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」を装備した、スポーティーな「CLA250シュポルト」に試乗した。

スカしたAクラス

CLAが日本に導入された2013年7月は、安倍政権が誕生して間もない時期だった。当時、東京株式市場は昇り竜状態で、「20年ぶりに日本経済復活か!?」という期待感に満ちていた。

人間、景気が良くなると、自然と消費意欲が増す。景気が良くなれば誰かは儲(もう)かるので、たとえ自分のフトコロは潤っていなくても、誰かクルマを買い替えたのを見て、「じゃ俺も買おうかな」という気になるからだ。

クルマ選びにも変化が出る。不景気だと堅実になり、好景気だと冒険的になる。不景気下に派手なクルマを買えば世間に後ろ指をさされる気がするが、好景気で地味なクルマを買うのは、「豊かになるレース」の敗者に思えるからだ。つまり、CLA登場のタイミングはドンピシャだった。

CLAは「Aクラス」や「Bクラス」と共通のプラットフォームを使った4ドアクーペ&シューティングブレークだが、コンセプトは「スカしたAクラス」だ(ろう)。Aクラスは明らかにメルセデスのラインナップのボトムだが、CLAはパッと見、Aクラスよりかなり羽振りが良さそうに見える。値段もそれなりにお高くなってますし。

3年前の第一印象は、正直なところ、「小さいなりして頑張っちゃってるな~」だった。4685mmという全長で、優美な尻下がりのフォルムを持つ4ドアクーペを作ろうとした結果、寸足らずな印象が出ていたからだ。しかしだからこそ、「実用性よりカッコ重視!」という景気の良い自己主張があって、日本市場にはジャストタイミングと思ったものだ。

その後アベノミクスは消費増税で腰折れし、CLAもいまひとつブレークし切れていないが、そんなこととは無関係に、登場から3年余りたったこの8月、マイナーチェンジを受けたという流れでございます。

スポーティーなプロポーションと丸みのある造形による、パワフルでダイナミックなエクステリアデザイン。
アクセントカラーに赤を利かせたスポーティーなインテリア。中央には8インチに大型化されたディスプレイが標準装備される。

ヘッドレスト一体型のフロントシート。

試乗車には、本革シートや、レッドステッチ入りのレザーARTICOダッシュボードなどが含まれた、「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」(45万円)がオプション装備されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLAクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る