第131回:コワモテ金融屋のプライベートにはH2が似合う
『闇金ウシジマくん Part3/ザ・ファイナル』

2016.09.21 エッセイ

イケメン枠だった山田孝之

本来は裏社会の隠語であるトゴ(10日で5割)、ヒサン(1日3割)なんていう言葉の意味がわかってしまうのは、『闇金ウシジマくん』のせいだ。貸金業法改正でサラ金は息の根を止められ武富士ダンサーズは遠い記憶になったが、もっとヤバい闇金は今も生き残っている。失われた20年で貧困層は増加し、違法金融業者は彼らをカモにして稼ぐのだ。真鍋昌平がハードボイルドな実態を描く漫画の連載を始めたのが2004年。2010年にはテレビドラマ化されて一気にメジャーになった。

ドラマの好評を受けて2012年と2014年に映画版も公開される。オリジナルキャラも登場し、ウシジマくんの世界は原作を超えて広がっていく。これほどの人気を博したのは、山田孝之の存在が大きい。誰も予想しなかったキャスティングだが、ハマリ役だった。一切まばたきをしないで淡々と話すさまが、ウシジマの恐ろしさと闇の深さを表現する。山田がほかの役をやっていても、後ろにウシジマが透けて見えるようになってしまった。

もともと、彼はイケメン枠だったはずである。テレビドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』などでは、間違いなく正統派の美男子という扱いだった。2007年の映画『クローズZERO』あたりから路線が変わってくる。コワモテ感が強くなり、暴力性を帯びた役が似合うようになっていった。

『荒川アンダーザブリッジ』では星のかぶり物で顔さえもわからない役を演じ、シュールな側面をあらわにする。何でもアリとなった山田の金字塔が、昨年テレビ東京で放映された『山田孝之の東京都北区赤羽』だ。ドラマともドキュメンタリーともいえない空間に本人役で登場し、何をやらかすかわからない男というイメージを確立した。

(C)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん3」製作委員会
(C)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん3」製作委員会
 
第131回:コワモテ金融屋のプライベートにはH2が似合う『闇金ウシジマくん Part3/ザ・ファイナル』の画像
 
第131回:コワモテ金融屋のプライベートにはH2が似合う『闇金ウシジマくん Part3/ザ・ファイナル』の画像
 
第131回:コワモテ金融屋のプライベートにはH2が似合う『闇金ウシジマくん Part3/ザ・ファイナル』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。