日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)

ニッポンにはGT-Rがある! 2016.09.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。

デビュー以来最大規模の改良

日産GT-Rは世界のスーパースポーツたち(特に意識しているのはポルシェだろう)と同じく、積極的に年次改良を行い、進化を示し続けている。しかしその登場は2007年と9年も前の話であり、生き馬の目を抜くかのような速さで進化する欧州勢たちに対して、これを改良し続けるにも「いささかベースが古くなり過ぎたのではないか?」という疑問は禁じ得なかった。

ちなみに筆者はwebCGでMY14を試して以来、「NISMO」といった“役付き”モデルには試乗したものの、標準グレードのステアリングは握っていない(今回試乗したのはプレミアムエディションではあったが)。つまり2015年の進化はすっ飛ばしての試乗となったのだが、GT-Rは見事なバランス感覚をもって、その進化を成し遂げていた。

まずGT-R MY17の印象について、誰もが口をそろえるのは「乗り心地が良くなった」ことだろう。しかし既にMY14の時点から、GT-Rは標準モデルをこの方向へとシフトさせている。だから取り立てて筆者は、以前は硬かった足まわりが、よりデイリーユースにふさわしくなったことに賛辞を贈るつもりはない。むしろ今回の改良は、日産GT-Rにとっての大切な岐路となりうるのではないか? という印象を持った。

MY17の進化を具体的に挙げると、その項目は「シャシー」「空力」「エンジン性能」の3つに分けられる。
まずシャシーは、その手法こそ明確化されなかったが、ベースとなるボディーの剛性を上げた。その上で新スペックのダンパーとスプリング、そしてスタビライザーを与えている。特にMY17で気に掛けたのは前後の剛性バランスを偏りなく上げることだったそうで、その結果MY15に比べ修整操舵が約30%、高速走行時におけるヨーレート変動が約20%、それぞれ低減したという。

MY17ではセンターパネル/センターコンソールを中心にインテリアのデザインが変更されている。
MY17ではセンターパネル/センターコンソールを中心にインテリアのデザインが変更されている。
シフトパドルはステアリングホイール固定式に変更された。従来型はステアリングコラム固定式。
シフトパドルはステアリングホイール固定式に変更された。従来型はステアリングコラム固定式。
ナビディスプレイは7インチから8インチへ。
ナビディスプレイは7インチから8インチへ。
試乗車のボディーカラーは新色の「アルティメイトシャイニーオレンジ」。
試乗車のボディーカラーは新色の「アルティメイトシャイニーオレンジ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る