ハラミュージアムアークで入館料無料のボルボ・デー実施

2016.09.26 自動車ニュース
 
ハラミュージアムアークで入館料無料のボルボ・デー実施の画像

ボルボ・カー・ジャパンは、2016年10月1日に群馬県渋川市のハラミュージアムアークにおいて、「VOLVO×ART」を開催する。

ハラミユージアムアークの現代美術ギャラリー。
ハラミユージアムアークの現代美術ギャラリー。
展示作品のひとつ。フェデリコ・エレーロの「Landscape」(2008年)。
展示作品のひとつ。フェデリコ・エレーロの「Landscape」(2008年)。

「VOLVO×ART」は、全国の特色ある美術館・博物館をより多くの人に知ってもらい、アートに親しむ機会を増やすことを目的としたイベント。2014年11月に第1回が、福島県の諸橋近代美術館において実施されている。

今回の開催場所は、群馬県渋川市のハラミュージアムアーク。現代美術や東洋古美術を中心に展示している美術館で、草間彌生、奈良由智、森村泰昌、マーク・ロスコ、ジャスパー・ジョーンズといった、時代を代表する現代アーティストの作品を数多く所蔵する。

10月1日は「ボルボ・デー」と銘打ち、通常は1100円(一般)の入場料が無料となる。

■「VOLVO×ART」ボルボ・デー
開催日:2016年10月1日(土)
会場:ハラミュージアムアーク(群馬県渋川市金井2855-1)
概要:一般無料開放、収蔵庫・館内ツアー
(※収蔵庫・館内ツアーはボルボ・カー・ジャパンのウェブサイトから事前申し込みが必要)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。