トヨタ86 GT(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GT“リミテッド”(FR/6MT)

納得の進化 2016.09.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。

4年目にして初のマイナーチェンジ

早い車種ではフルモデルチェンジのタイミングでもある4年目の86に、トヨタが行ったのは、シリーズ初となるマイナーチェンジだった。詳細はすでに発表時にニュースとしてリポートされているのでご覧になった方も多いと思うが、その内容は、やはりマイナーチェンジとうたうだけあって、実に多岐にわたる。ご存じのように86は、欧州のスポーツカーではもはや常識と化している年次改良(小変更)で車両を進化させてきた、ある意味ユーザーに真摯(しんし)に向き合ってきたモデルでもある。

ここであらためてその内容をざっと紹介すれば、リアピラーを中心としたスポット溶接の打点打ち増しでボディー剛性の向上を図り、ドイツのザックス製となるショックアブソーバーをオプション設定しスポーツカーに最も求められるアジリティーを強化。6段MT車のエンジンを排気量などはそのままに、最高出力を200psから207psに、最大トルクを20.9kgm(205Nm)から21.6kgm(212Nm)に向上させた。

さらに空力改善のため、フロントスポイラーやリアスポイラーの形状を見直し、ヘッドライトにはハイ/ロービームともLED化した「Bi-Beam LEDヘッドランプ」を標準装備。同時にリアコンビネーションランプも視認性の高いLED採用の新デザインに改め、前後でLEDライトを用いて機能性と実用性をアップグレードした。インテリアの基本デザインは踏襲しつつも、素材の変更でクオリティーを向上させ、メーターはアナログ主体のデザインからGモニターを搭載するアナログ/デジタルのコンビネーションメーターに変更。上級グレードの「GT“リミテッド”」と「GT」の2グレードで標準装備とした。

と、ざっと眺めて見ただけでも、スポーツカーとしての魅力ともいうべき商品力は確かに大きく向上している。世間ではこの変更と進化を物足りないと見る向きもあるようだが、リアコンビネーションランプの上下を入れ替えました的な、商品の陳腐化を防ぐ変更ありきの単なるマイナーチェンジなどではなく、ユーザーが何を求めているのか、そして作り手が一歩ずつ理想の86に進化させていきたいという思いが見て取れるのは好ましい。

「トヨタ86」の中間グレード「GT」。86はマイナーチェンジにより、ラジエーターグリルの意匠など、フロントマスクが大幅に変更された。
「トヨタ86」の中間グレード「GT」。86はマイナーチェンジにより、ラジエーターグリルの意匠など、フロントマスクが大幅に変更された。
「GT“リミテッド”」のリアビュー。バンパーまわりの意匠が変更となったほか、ヘッドランプと同じくリアコンビランプが全車LED式となった。
「GT“リミテッド”」のリアビュー。バンパーまわりの意匠が変更となったほか、ヘッドランプと同じくリアコンビランプが全車LED式となった。
MT車に搭載される2リッター水平対向エンジン。最高出力と最大トルクが高められたのに加え、インテークマニホールドに赤い結晶塗装が施された。
MT車に搭載される2リッター水平対向エンジン。最高出力と最大トルクが高められたのに加え、インテークマニホールドに赤い結晶塗装が施された。
メーターについては、最高出力付近の7000rpmがメーターの真上になるよう、エンジン回転計の角度を変更。「GT」と「GT“リミテッド”」の2グレードには、4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイが装備された。
メーターについては、最高出力付近の7000rpmがメーターの真上になるよう、エンジン回転計の角度を変更。「GT」と「GT“リミテッド”」の2グレードには、4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイが装備された。
関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る