スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド(RR/6AT)/フォーフォー ターボ(RR/6AT)

日常を変えるコンパクト 2016.09.29 試乗記 第3世代となる現行型のスマートに、ターボエンジン搭載モデルが登場。その走りは、先行デビューした自然吸気モデルとどう違うのか。2シーターオープンと4シーター、それぞれの持ち味をチェックした。

ターボ付きはまるで別モノ

東京湾を眺めながら、千葉県・稲毛海岸の海沿いの道を「スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」で流していると、天気は今にも崩れそうではあったけれど、吹けよ風、呼べよ嵐、ドーンと来い、という太っ腹な気分になった。

オープンカーは百難隠す。ということもあるにせよ、フォーツーカブリオ ターボはいい路面の道路を適度な速度で流している時にその最良の面を見せるのだ。ホイールベースたったの1875mmのコンパクトカーとは思えぬほど、乗り心地はどっしりしている。ボディー剛性が高い。車重も990kgある。意外に重い。そこは日本の軽自動車と大いに違う。ちっちゃいけれど、手の込んだ一人前のちゃんとしたモノに乗っている感がある。

ターボ化のおかげで、いまどきびっくりするぐらい遅い998ccの3気筒自然吸気(NA)モデルよりフツーに乗れる。ま、NA版もそのうちその遅さに慣れるけれど、初めて乗った直後は、「おーい、生きているかぁ~」と山で遭難した人に呼びかけるような気分になった。「ツイナミック」と名付けられたデュアルクラッチ式トランスミッションも変速が超ユッタリしていて、CVTかと思った。

その点、ターボは全然違う。ターボモデルはNAの998ccユニットのボアはそのままに、ストロークを8.2mm縮めて排気量897ccに縮小し、ターボチャージャーの力を借りて、リッターあたり100ps以上の最高出力90ps/5500rpm、最大トルク13.8kgm/2500rpmを発生する。

NAは71ps、9.3kgmにすぎないから、19psと4.5kgm強力になっている。しかもターボは最大トルクを2850rpmで発生するNAに対して350rpm早めにより分厚いトルクを得ているのだから、低速トルクに余裕がある。

第3世代スマートのターボ車は、自然吸気モデルの導入から9カ月遅れて、2016年8月に国内でデビューした。写真は2シーターオープンの「スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」。

「スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド」のインテリア。テスト車はオプションのポータブルナビを装着しているが、スマートフォンをカーナビ代わりに使う連携キットも用意される。

「フォーツー」「フォーフォー」ともに、ターボ車のAピラー付け根には、エンジン回転計が備わる。メーター下方に見える円形部分は、時計。

大柄なSUVと並ぶと、「フォーツー」の小ささは一段と際立つ。2755mmの全長は、右に見える「ジープ・グランドチェロキー」のホイールベース(2915mm)よりも短い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーカブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る