“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始

2011.10.27 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ガヤルドLP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」
“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始

“究極のガヤルド”「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」発売

ランボルギーニ・ジャパンは、スーパースポーツ「ガヤルド」のトップグレード「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」を2011年10月26日に発売した。日本国内のデリバリー開始は2011年12月。

既報のとおり2011年9月のフランクフルトモーターショーで公開された「ランボルギーニ・ガヤルドLP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」の販売が、日本で始まった。ワンメイクレース用の競技車両をベースとした、ランボルギーニが“究極のトップモデル”と呼ぶ、特別な「ガヤルド」である。

エンジンのパフォーマンスは、既存の「スーパーレジェーラ」と同じ570ps/8000rpm、55.1kgm/6500rpm。6段2ペダルMTの「e-gear」を介して四輪を駆動する。

いっぽうエクステリアは、「LP560-4」の3倍のダウンフォースが得られるというカーボン製の巨大なリアウイングや、同じくカーボン仕立てのクイックリリース式リムーバブルエンジンフード、リアディフューザーなどで武装。
インテリアも、アルカンターラを素材に赤×黒のツートンカラーとした特別な仕様になっている。

価格は3136万8750円。生産台数は世界限定150台で、日本には12〜13台程度の入荷が見込まれているという。

(webCG 関)

関連キーワード:
ガヤルドランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.10 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」シリーズの頂点に君臨する「ウラカン ペルフォルマンテ」。640psまで強化されたV10エンジンをはじめ、エアロダイナミクスや軽量化など、同社が誇る先進技術が投入された“完全無欠のウラカン”の走りをサーキットで試した。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】 2010.7.8 試乗記
  • 【トミカショップオリジナル】ランボルギーニ・ムルシエラゴ 2017.9.13 トミカ大写真展