フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)

ビジュアルだけのクルマにあらず 2016.09.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。

18インチホイールはRラインの“特権”

「Rライン」とは、フォルクスワーゲンが展開するスポーツ風味の定番高付加価値モデルで、「フォルクスワーゲンR(GmbH)社」が開発した専用内外装パーツを標準装備した最上級グレードである。公式プレスリリースによると、R社とは「『ゴルフR』やラリーカーなどの本格的なレースマシンの企画、開発などを一手に引き受ける社内チューニングメーカー」だそうだ。

モータースポーツや量産スポーツモデルを、専用子会社、もしくは本社と独立した別ユニットにまかせる……という商品企画開発の手法は、最近の欧州メーカーでよく見られるものだ。R社の象徴的な市販モデルはゴルフRだが、ドレスアップに重心を置いたライトなスポーツ風味の高付加価値モデルに「○○ライン」という名前をつけるのも、昨今のハヤリである。

このゴルフトゥーラン(以下トゥーラン)初のRラインも、これまでのRライン同様に、基本的には内外装ドレスアップが主眼。標準の17インチホイールのサイズは、タイヤサイズともどもトゥーランでは「TSIハイライン」と共通なので、Rラインといっても走りに特別なところはない。事実、公式プレスリリースにも、このモデルのねらいどころについては「国内ミニバン需要でも人気の高いドレスアップ系ミニバン意向者にアピール」と書かれている。

ただ、走りにかかわる純正アイテムで、Rラインでしか手に入らないものがひとつだけある。それは18インチホイールだ。トゥーランRラインではリアルタイム可変ダンパー(DCC)とセットでオプション設定される。今回の取材車もその18インチ+DCC装着車だった。

2016年1月に日本に導入された現行型「ゴルフトゥーラン」。「TSI Rライン」は同年6月に追加された最上級グレードである。
2016年1月に日本に導入された現行型「ゴルフトゥーラン」。「TSI Rライン」は同年6月に追加された最上級グレードである。
外観では専用のフロントバンパーやサイドスカート、各所に施されたクローム装飾などが特徴となる。
外観では専用のフロントバンパーやサイドスカート、各所に施されたクローム装飾などが特徴となる。
インテリアの仕立ても他のグレードとは異なり、同車専用の装飾パネルやステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターなどが備わる。
インテリアの仕立ても他のグレードとは異なり、同車専用の装飾パネルやステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターなどが備わる。
フロントグリルやステアリングホイールなど、内外装の各所に「R-Line」のロゴが施されている。
フロントグリルやステアリングホイールなど、内外装の各所に「R-Line」のロゴが施されている。
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】 2016.3.9 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」をベースとしたコンパクトミニバンの、新型「ゴルフトゥーラン」に試乗。ミニバンらしからぬ運動性能を備えた同車でドライブに出掛ける際に、ドライバーが気をつけなければならないこととは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る