クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)

ビジュアルだけのクルマにあらず 2016.09.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。

18インチホイールはRラインの“特権”

「Rライン」とは、フォルクスワーゲンが展開するスポーツ風味の定番高付加価値モデルで、「フォルクスワーゲンR(GmbH)社」が開発した専用内外装パーツを標準装備した最上級グレードである。公式プレスリリースによると、R社とは「『ゴルフR』やラリーカーなどの本格的なレースマシンの企画、開発などを一手に引き受ける社内チューニングメーカー」だそうだ。

モータースポーツや量産スポーツモデルを、専用子会社、もしくは本社と独立した別ユニットにまかせる……という商品企画開発の手法は、最近の欧州メーカーでよく見られるものだ。R社の象徴的な市販モデルはゴルフRだが、ドレスアップに重心を置いたライトなスポーツ風味の高付加価値モデルに「○○ライン」という名前をつけるのも、昨今のハヤリである。

このゴルフトゥーラン(以下トゥーラン)初のRラインも、これまでのRライン同様に、基本的には内外装ドレスアップが主眼。標準の17インチホイールのサイズは、タイヤサイズともどもトゥーランでは「TSIハイライン」と共通なので、Rラインといっても走りに特別なところはない。事実、公式プレスリリースにも、このモデルのねらいどころについては「国内ミニバン需要でも人気の高いドレスアップ系ミニバン意向者にアピール」と書かれている。

ただ、走りにかかわる純正アイテムで、Rラインでしか手に入らないものがひとつだけある。それは18インチホイールだ。トゥーランRラインではリアルタイム可変ダンパー(DCC)とセットでオプション設定される。今回の取材車もその18インチ+DCC装着車だった。

2016年1月に日本に導入された現行型「ゴルフトゥーラン」。「TSI Rライン」は同年6月に追加された最上級グレードである。
2016年1月に日本に導入された現行型「ゴルフトゥーラン」。「TSI Rライン」は同年6月に追加された最上級グレードである。 拡大
外観では専用のフロントバンパーやサイドスカート、各所に施されたクローム装飾などが特徴となる。
外観では専用のフロントバンパーやサイドスカート、各所に施されたクローム装飾などが特徴となる。 拡大
インテリアの仕立ても他のグレードとは異なり、同車専用の装飾パネルやステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターなどが備わる。
インテリアの仕立ても他のグレードとは異なり、同車専用の装飾パネルやステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターなどが備わる。 拡大
フロントグリルやステアリングホイールなど、内外装の各所に「R-Line」のロゴが施されている。
フロントグリルやステアリングホイールなど、内外装の各所に「R-Line」のロゴが施されている。 拡大

普段はノーマル、ときどきコンフォート

最近はタイヤ技術も進歩した。ひと昔前のスーパーカー級のタイヤを普通の乗用車に履かせても、市街地の乗り心地や柔軟性、直進性などが悲惨なことになる例はほとんど見られなくなった。

そうはいっても、背の高いトゥーランは「パサート」や「ゴルフヴァリアント」のRラインよりは快適な乗り心地づくりに不利。そこをうまく補っているのが優秀なDCCである。コロンとしたコンパクトミニバン形状にワル目立ちする45偏平の18インチタイヤ……ということで、当初はそれなりに明確な犠牲を覚悟したトゥーランRラインだが、それはまったく不要な心配だった。

トゥーランのDCCも、他のモデルのように「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」という3つのモードを切り替えることが可能だ。
DCCをもっとも柔らかいコンフォートモードにしたトゥーランRラインの乗り心地は、素晴らしく快適である。ちょい昔の「トヨタ・クラウン」ばりに路面の凹凸を柔らかに吸い込みながらも、上下動はほどよく抑制されて、カーブで腰くだけになるようなことはない。状況に応じて減衰力をリアルタイム制御するDCCなので、速度やGの上昇につれてダンパーも引き締まっていく。少なくとも日本の法定速度内であれば、高速道も含めてコンフォートだけで事足りるだろう。

ただ、そのコンフォートのフワリとした上下動には、同乗した子供がクルマ酔いする、特有のユラユラ感が自分の運転スタイルに合わない……といったケースもありえる。その場合は、ひとつ硬いノーマルモードにするだけで、ほぼピタリと安定したフラットライドとなる。そのぶん、路面からのアタリは増えるが、せいぜい“コツコツ”程度で“ゴツゴツ”ではない。市街地を流すときのコンフォートモードはちょっと感動的なくらい快適だが、クルマのビジュアルとフラットライドのバランスは、冷静に考えると中間のノーマルがベスト。あとは2、3列目に座る乗員の要望に合わせて、ときおりコンフォートを緊急的に使う……といった感じだろうか。

「R」のロゴが刺しゅうされた、「TSI Rライン」専用のファブリックシート。
「R」のロゴが刺しゅうされた、「TSI Rライン」専用のファブリックシート。 拡大

シートレイアウトや各席の調整機構などについては、他のグレードと同じ。2列目シートは3座それぞれにリクライニング調整機構や可倒機構が備わる。


	シートレイアウトや各席の調整機構などについては、他のグレードと同じ。2列目シートは3座それぞれにリクライニング調整機構や可倒機構が備わる。
	拡大
5:5分割可倒式の3列目シート。ショルダー部にあるレバーを引くだけで背もたれが倒れると同時に、座席が前方にスライドするイージーエントリー機構が2列目シートに採用されたことで、3列目の乗降性が大きく改善された。
 
5:5分割可倒式の3列目シート。ショルダー部にあるレバーを引くだけで背もたれが倒れると同時に、座席が前方にスライドするイージーエントリー機構が2列目シートに採用されたことで、3列目の乗降性が大きく改善された。
	  拡大
テスト車には、状況に応じてダンパーの減衰力や電動パワーステアリングのアシスト量を切り替えられる、オプションの「DCC」が搭載されていた。
テスト車には、状況に応じてダンパーの減衰力や電動パワーステアリングのアシスト量を切り替えられる、オプションの「DCC」が搭載されていた。 拡大

スポーツモードで実感する基本性能の高さ

トゥーランRラインを“ちょっと背高のスポーツワゴン”と割り切れば、もっとも硬いスポーツモードでも乗り心地は悪くない。低速でのアタリをあえて他車と比較すれば「ゴルフGTI」を思わせるくらいに快適で、それよりコツコツ成分ちょい多め……といったところだ。

ただ、このスポーツモードのちょっと無視できないうれしい驚きは、山坂道でのハンドリングだった。積極的に曲がるほど引き締まるDCC効果もあって、ロールらしいロールはせず、しかしロードホールディング能力も高い。普通のトゥーランと共通のエンジンではまるで物足りなく思えるほどで、思わず「トゥーランGTI!?」と呼びたくなった。

これだけの機動性を与えても、快適性や安定性にまるで破綻がないのは、車体剛性やサスストローク、基本的なロール剛性など、トゥーランの基本フィジカルの高さゆえだろう。タイヤやサスチューンを問わず、快適性や運動性能がハイレベルで両立するのは、このトゥーランをはじめとしてMQBを採用するクルマに共通する美点でもある。

スポーツモードの走りを一度でも体験すると、それまでは不満を感じなかったコンフォートやノーマルでは、山坂道で反応が1、2テンポ遅れてしまい、ちょっと運転しにくいな……と感じてしまうようになる。

ただ、ドライバーズカーとしてはすてきなスポーツモードも、家族サービス用途には絶対的に硬すぎるのも事実ではある。よって、個人的にこのクルマを所有するなら、基本はノーマルモードをデフォルトで固定しつつ、乗り心地にうるさい同乗者がいるときにはコンフォートで黙らせる。そしてスポーツは、ひとり乗車用もしくは、なにかしらの理由で山坂道を急ぐ必要にかられたとき用の、とっておきの隠しメニュー……となるだろう。まるで絵に描いたように説明書どおりの使い方だが、この種の可変機構をコンセプトどおりに使って素直に納得できるのは、それだけ優秀であることを意味する。

ボディーカラーは全5色。テスト車の色は、有償オプションの新色「ハバネロオレンジメタリック」だった。
ボディーカラーは全5色。テスト車の色は、有償オプションの新色「ハバネロオレンジメタリック」だった。 拡大
エンジンは他のグレードと同じ1.4リッター直4直噴ガソリンターボ。最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生する。
エンジンは他のグレードと同じ1.4リッター直4直噴ガソリンターボ。最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生する。 拡大
トランスミッションは7段デュアルクラッチ式AT。手動での変速操作は、シフトセレクターかシフトパドルで行う。
トランスミッションは7段デュアルクラッチ式AT。手動での変速操作は、シフトセレクターかシフトパドルで行う。 拡大
オプションで用意される18インチアルミホイールと225/45R18サイズのタイヤ。標準仕様のタイヤサイズは215/55R17となっている。
オプションで用意される18インチアルミホイールと225/45R18サイズのタイヤ。標準仕様のタイヤサイズは215/55R17となっている。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

走り系ミニバンの最右翼

トゥーランは非スライドドアのローハイト・コンパクトミニバンである。国産ミニバンで似たコンセプトを探すと「トヨタ・ウィッシュ」がもっとも近い。ご想像のとおり、この種のミニバンの国内マーケットは急激に縮小しているのだが、このRラインを含めて、トゥーランは日本仕様でも4グレードという豊富なラインナップを取りそろえる。

トゥーランのライバルになりそうな競合車をさらにあげるとすれば、国産なら「ホンダ・ジェイド」に「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」、そして輸入車では「プジョー5008」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」ということになる。現実的には収納サードシートがついた小型SUVも選択肢となる。

スライドドア付きワンボックス型が全盛の国内ミニバン市場で、あえてこの形状を採るミニバンはどれも走り自慢だが、そのなかで最新商品でもあるトゥーランは間違いなくトップのデキと断言したい。全身にみなぎる剛性感やドライバーズカーとしての完成度もさることながら、ミニバンのキモであるサードシートも、空間がもっとも広い……とまではいわないが、その着座姿勢はもっとも健康的で、ガッチリと守られた安心感は圧倒的である。

事実、「どうしてもこういうミニバンが必要」という頑固一徹層には、日本でもトゥーランがいちばんの定番商品になりつつある。定番だからこそ、Rラインのようなハズシの商品も存在価値がある。

コスパも含めて普通に考えれば、トゥーランでは300万円台前半の「TSIコンフォートライン」が安定の推奨株だ。しかし、Rラインも“ただのビジュアル商品”と切って捨てるには惜しいくらいの効能はある。ほしがっている人には「せっかくだからDCCもフンパツしてね」と加えつつ、その背中を素直に押してあげたい気持ちである。

それにしても、フォルクスワーゲンにかぎらず、欧州メーカーのこの種の商品が総じてデキが良くなっている……と痛感してやまない今日このごろである。冒頭のようにスペシャリストを子会社化・別ユニットとすることで、開発チームの能力をうまく使いこなすノウハウが浸透したせいかもしれない。

(文=佐野弘宗/写真=宮門秀行)

「ゴルフトゥーラン」のボディーサイズは4540×1830×1670mmと、ミニバンとしてはコンパクト。ドアは前後ともにヒンジ式で、スライドドアは装備されない。
「ゴルフトゥーラン」のボディーサイズは4540×1830×1670mmと、ミニバンとしてはコンパクト。ドアは前後ともにヒンジ式で、スライドドアは装備されない。 拡大
ラゲッジスペースの仕様は他のグレードと共通。2列目、3列目シートに加え、助手席の背もたれにも可倒機構が備わる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
ラゲッジスペースの仕様は他のグレードと共通。2列目、3列目シートに加え、助手席の背もたれにも可倒機構が備わる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます) 拡大
先代の「ゴルフトゥーラン」から受け継がれた天井収納。オプションの電動パノラマスライディングルーフと同時に装備することはできない。
先代の「ゴルフトゥーラン」から受け継がれた天井収納。オプションの電動パノラマスライディングルーフと同時に装備することはできない。 拡大
1列目シートのバックレストには、2列目シート用のピクニックテーブルが備わる。
1列目シートのバックレストには、2列目シート用のピクニックテーブルが備わる。 拡大
自動緊急ブレーキや車線維持支援機能、ドライバーの疲労検知機能、衝突事故における2次被害の発生を防ぐ「ポストコリジョンブレーキシステム」など、充実した安全装備も「ゴルフトゥーラン」の特徴となっている。
自動緊急ブレーキや車線維持支援機能、ドライバーの疲労検知機能、衝突事故における2次被害の発生を防ぐ「ポストコリジョンブレーキシステム」など、充実した安全装備も「ゴルフトゥーラン」の特徴となっている。 拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4540×1830×1670mm
ホイールベース:2785mm
車重:1560kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150ps(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:25.5kgm(250Nm)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)225/45R18 95W/(後)225/45R18 95W(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:18.5km/リッター(JC08モード)
価格:397万4000円/テスト車=448万1600円
オプション装備:ボディーカラー<ハバネロオレンジメタリック>(3万2400円)/“Discover Pro”パッケージ<純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”[SSDナビゲーションシステム+FM-VICS内蔵+DVD/CDプレーヤー+MP3/WMA再生+AM/FM+地デジTV受信+Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン+MirrorLink]+ETC2.0対応車載器+MEDIA-IN[iPodおよびUSBデバイス接続装置、センターコンソール/2列目]>(25万9200円)/DCCパッケージ<アダプティブシャシーコントロール“DCC”+225/45 R18モビリティータイヤ+7J×18アルミホイール[10スポーク]>(21万6000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:4729km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:558.3km
使用燃料:53.8リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.4km/リッター(満タン法)/11.5km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン 拡大
あなたにおすすめの記事