フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)

ビジュアルだけのクルマにあらず 2016.09.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。

18インチホイールはRラインの“特権”

「Rライン」とは、フォルクスワーゲンが展開するスポーツ風味の定番高付加価値モデルで、「フォルクスワーゲンR(GmbH)社」が開発した専用内外装パーツを標準装備した最上級グレードである。公式プレスリリースによると、R社とは「『ゴルフR』やラリーカーなどの本格的なレースマシンの企画、開発などを一手に引き受ける社内チューニングメーカー」だそうだ。

モータースポーツや量産スポーツモデルを、専用子会社、もしくは本社と独立した別ユニットにまかせる……という商品企画開発の手法は、最近の欧州メーカーでよく見られるものだ。R社の象徴的な市販モデルはゴルフRだが、ドレスアップに重心を置いたライトなスポーツ風味の高付加価値モデルに「○○ライン」という名前をつけるのも、昨今のハヤリである。

このゴルフトゥーラン(以下トゥーラン)初のRラインも、これまでのRライン同様に、基本的には内外装ドレスアップが主眼。標準の17インチホイールのサイズは、タイヤサイズともどもトゥーランでは「TSIハイライン」と共通なので、Rラインといっても走りに特別なところはない。事実、公式プレスリリースにも、このモデルのねらいどころについては「国内ミニバン需要でも人気の高いドレスアップ系ミニバン意向者にアピール」と書かれている。

ただ、走りにかかわる純正アイテムで、Rラインでしか手に入らないものがひとつだけある。それは18インチホイールだ。トゥーランRラインではリアルタイム可変ダンパー(DCC)とセットでオプション設定される。今回の取材車もその18インチ+DCC装着車だった。

2016年1月に日本に導入された現行型「ゴルフトゥーラン」。「TSI Rライン」は同年6月に追加された最上級グレードである。
外観では専用のフロントバンパーやサイドスカート、各所に施されたクローム装飾などが特徴となる。
インテリアの仕立ても他のグレードとは異なり、同車専用の装飾パネルやステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターなどが備わる。
フロントグリルやステアリングホイールなど、内外装の各所に「R-Line」のロゴが施されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る