「ラクティス」に“ミスド”とのコラボ色登場

2011.10.27 自動車ニュース

「トヨタ・ラクティス」にミスタードーナツとのコラボカラーが登場

トヨタ自動車は「ラクティス」に新色のボディーカラーを加えるなど製品の見直しを図るとともに、1.3リッターモデルに特別仕様車「X“SMART STOP Selection”」、「G“SMART STOP Selection”」を設定し、2011年10月26日に発売した。この特別仕様車には、ミスタードーナツとコラボレーションした特別外板色「ストロベリーメタリックオパール」が設定される。

今回新たにターコイズメタリックのボディーカラーが加わった(「S」グレードを除く)。「L’epice」では外板色が従来の6色から8色に広げられたほか、「G」の内装色にはブラックだけでなくベージュも採用され、カラーバリエーションが充実した。さらに、「L’epice」「G」「S」の各グレードでは、インストゥルメントパネルとフロントドアアッパー部にソフトパッド表皮が採用されて質感が向上しただけでなく、フロントドアに紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラスが装備され、室内の快適性も高められた。

さらに今回、1.3リッターモデルをベースにアイドリングストップ機能を追加した特別仕様車「X“SMART STOP Selection”」と「G“SMART STOP Selection”」が登場した。21.5km/リッターという良好な燃費(ベース車と比較して1.5km/リッターの改善)を実現しただけでなく、走行安定性を確保するS-VSC&TRCやLEDリアコンビネーションランプが採用され、環境と安全の両性能が見直されている。

この特別仕様車にはミスタードーナツとコラボレーションした特別色「ストロベリーメタリックオパール」を含む全5色が設定されており、スタイリッシュな外観が演出されている。価格は通常モデルが137万7000円(1.3リッターFF 「X Vパッケージ」)から186万3000円(1.5リッター4WD 「G」)、特別仕様車が152万円(1.3リッターFF 「X“SMART STOP Selection”」)と167万5000円(同 「G“SMART STOP Selection”」)。

(webCG 竹下)

特別仕様車「G“SMART STOP Selection”」(ストロベリーメタリックオパール)。ドアミラー、アウタードアハンドル、バックドアガーニッシュにベリーレッドマイカの加飾が施される。
特別仕様車「G“SMART STOP Selection”」(ストロベリーメタリックオパール)。ドアミラー、アウタードアハンドル、バックドアガーニッシュにベリーレッドマイカの加飾が施される。

関連キーワード:
ラクティストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る