第469回:数字は語る! いまイタリアで売れているのはこのクルマ

2016.09.30 エッセイ

イタリアも夏はクルマが売れない!?

イタリアのほとんどの学校では、9月15日から新年度がスタートした。6月中旬から始まった3カ月近い夏休みの終わりである。それを機会に、お父さんやお母さんたちの生活リズムも、通常モードへと切り変わりつつある。

日本で「ニッパチ」という言葉があるように、イタリアでも8月は一般的にクルマが売れない月である。 
参考までに数値を示すと、2016年6月の新車登録台数は16万5208台だったのに対し、同年8月は7万1576台にとどまった(以下、データはUNRAE調べ)。

消費者は、マインドがお休みモードにスイッチしてしまうのと同時に、遊びの予算もとっておく必要がある。「クルマを買おうかな」などという気分には到底ならないのである。

しかし2016年8月は、前年比でみると、なんと20.1%ものプラスとなった。本稿執筆を機会に、イタリアでドイツ系プレミアムブランドを扱う熟練セールスマンに話を聞くと、「その理由としては、一時期よりもイタリア人が、仕事の確保と安定継続に安堵(あんど)感を得たことがある」と即座に答えてくれた。またFCA系ディーラーの若手セールスマンは、「カンパニーカー市場の成長と、その入れ替えも市場をけん引している」と話す。

2016年8月、イタリア国内における月間セールスナンバーワンを記録した「フィアット・パンダ」。南部サレルノにて。
2016年8月、イタリア国内における月間セールスナンバーワンを記録した「フィアット・パンダ」。南部サレルノにて。
「ランチア・イプシロン」は、イタリアでは女性ユーザーに根強い人気がある。筆者が住む中部シエナで。
「ランチア・イプシロン」は、イタリアでは女性ユーザーに根強い人気がある。筆者が住む中部シエナで。
往年のネームを引っ提げて2015年に復活した「フィアット・ティーポ」。写真のセダンに続き、2016年に入って5ドアおよびワゴンも発売された。
往年のネームを引っ提げて2015年に復活した「フィアット・ティーポ」。写真のセダンに続き、2016年に入って5ドアおよびワゴンも発売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。