砂漠の色をイメージしたジープの限定モデル登場

2016.09.29 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード モハベ エディション」
「ジープ・レネゲード モハベ エディション」

FCAジャパンは2016年9月28日、ジープブランドのSUV「ラングラー」および「レネゲード」の特別仕様車「Mojave Edition(モハベ エディション)」を発表した。それぞれ100台限定で、同年10月8日に販売を開始する。

「ラングラー アンリミテッド モハベ エディション」
「ラングラー アンリミテッド モハベ エディション」
 
砂漠の色をイメージしたジープの限定モデル登場の画像
 
砂漠の色をイメージしたジープの限定モデル登場の画像

今回のモハベ エディションは、米国南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがるモハベ砂漠の色をイメージしたボディーカラー「モハベサンド」が特徴の限定モデル。星条旗のデカールをボディーの左右に装着する点もポイントだ。通常、星条旗の星は左上にあるが、「進行方向に星が来るようにする」という考えのもと、ボディー右側のデカールは右上に星が位置するデザインとなる。

レネゲード モハベ エディションは「ロンジチュード」グレードをベースに、上級グレード「リミテッド」に搭載される「レーンセンス車線逸脱警報プラス」「前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付き)」「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」「パークビューリアバックアップカメラ」といった、さまざまな安全装備を装備している。価格は、ベースモデル比10万8000円プラスの307万8000円。

一方のラングラー アンリミテッド モハベ エディションは「アンリミテッド スポーツ」グレードをベースに、「三菱電機製 DIATONE SOUNDナビゲーションシステム」と「Jeepロゴ入りボディーカラードアミラー」を追加装備。価格は、ベースモデル比5万4000円プラスの401万7600円となっている。

(webCG)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • 「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場 2017.6.30 自動車ニュース 「ジープ・ラングラー」に特別なデザインの限定モデル「JK」が登場。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームにあやかったもので、ボディーカラーには「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色が用意されている。
ホームへ戻る