第370回:ドイツの環境政策に裏打ちされた
BMWの燃料電池車

2016.09.30 エッセイ
 
第370回:ドイツの環境政策に裏打ちされたBMWの燃料電池車の画像

独BMWは2016年9月26日、同社が手がけた最新型燃料電池車(FCV)の試作車を、日本国内で公開した。2013年にトヨタ自動車と燃料電池車の開発で提携を発表してから初公開とあって日本での関心も高く、多くの報道関係者が集まっていたが、筆者がより強い印象を受けたのは、FCVを推進するドイツの環境政策のほうだった。

今回の発表会場には、「BMW 5シリーズ グランツーリスモ」をベースとする試験車両が展示された。


	今回の発表会場には、「BMW 5シリーズ グランツーリスモ」をベースとする試験車両が展示された。
フロントのボンネット下には、燃料電池スタックをレイアウト。バッテリーとモーターはリアに搭載される。
フロントのボンネット下には、燃料電池スタックをレイアウト。バッテリーとモーターはリアに搭載される。
ラゲッジスペース。バッテリーがおさまるキャビン側が高く、リアエンド(写真手前)に向かってゆるく傾斜している。左奥の盛り上がった部分には高電圧システムが格納されている。
ラゲッジスペース。バッテリーがおさまるキャビン側が高く、リアエンド(写真手前)に向かってゆるく傾斜している。左奥の盛り上がった部分には高電圧システムが格納されている。

トヨタのFCスタックを搭載

今回公開されたFCVの最大の特徴は、トヨタ自動車の「MIRAI(ミライ)」と基本的に同じ燃料電池(FC)スタックを搭載することだ。5ドアハッチバック車の「5シリーズ グランツーリスモ」をベースとしたもので、外観的な差異はほとんどない。室内に目を転じても、乗車定員こそ4人に限られるが、水素燃料タンクのせいで床が高くなったり、後席の座面が高くなって頭上空間が損なわれたりというようなことは一切なく、ベース車と同等の室内空間を確保している。さらに荷室も、やや床が上がっている印象はあるものの、実用的なスペースを確保している。現在BMWは、FCVを2020年に市場導入することを目指している。

ミライとほぼ同じFCスタックを積むBMWのFCVだが、車両のレイアウトは全く異なる。客室の床下にFCスタックを搭載して、エンジンルーム内に搭載したモーターで前輪を駆動するトヨタのミライに対して、BMWのFCVは、前のエンジンルーム(正確にはFCルームかもしれないが)にFCスタックを搭載し、後輪をモーターで駆動する後輪駆動レイアウトを採用しているのだ。

そして通常、プロペラシャフトを通すフロアトンネル内に、縦置きで細長い円筒形の水素燃料タンクを搭載する。FCVであっても後輪駆動にこだわっているのがBMWらしいところだ。後輪を駆動するモーターは左右の後輪の間に配置している。そしてこのモーターの真上にバッテリーを搭載する。荷室の床面が上がっているのは、このバッテリーのためだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ