マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)

出し惜しみなしの正常進化 2016.10.03 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。

再びメジャーアップデート

近ごろのなんだかイケてるマツダのイメージは、2012年に発売された初のスカイアクティブテクノロジー全部載せモデルの「CX-5」から始まった。全部載せ第2弾としてフラッグシップのアテンザが現行型にモデルチェンジしたのも同じ年だった。マツダが「魂動デザイン」と呼ぶ、彫りが深くこってりしたスタイリングと、トルキーで経済的なディーゼルエンジンの組み合わせは登場直後から人気を集めた。その後も、「アクセラ」「デミオ」「CX-3」「ロードスター」と、(同社としては)ハイペースで新型車を投入しながら現在に至る。登場から2年たった14年、アテンザは大規模なマイナーチェンジを行った。さらに2年後の今年、つまり今回、再び改良が加えられた。どう変わったかを見ていきたい。

今回のマイチェンのテーマは“今までの技術進化をフルに織り込み、人とクルマとがさらに深くつながることで、お客さまの人生を豊かにできるモチベーターとなること”だそうだ。自信に満ちあふれるマツダらしく、だんだん語る言葉のスケールが大きくなってきて若干聞いていて気恥ずかしい感じがしないわけでもないが、しかし自信がないよりはいい。

外観の変更は最小限にとどまった。具体的にはドアミラーに埋め込まれたターンシグナルの形状が異なる程度。変える必要を感じなかったのだろう。その代わり「マシーングレープレミアムメタリック」という新しいボディーカラーが設定された。その名の通り、金属の質感を表現したグレーで、陰影によるコントラストが目立ち、深みがあるすてきな色だと思う。カタログの表紙を飾るのはこれまで同様「カープレッド」、もとい「ソウルレッドプレミアムメタリック」だが、こっちのほうがずっといい。

インテリアは、最上級グレードの「Lパッケージ」に限り、オフホワイトだった天井とピラー内側の色をブラックとしたほか、ホワイトとブラックのナッパレザーを設定した。どっちの色を選んでもシートにはチタニウムカラーのパイピングがあしらわれる。加えて、インパネの加飾パネルやドアトリムスイッチなどの色をコーディネートし、質感アップに努めている。こうした取り組みは「インテリアが安っぽい」という市場の意見を受けてのことだそう。最近のマツダの“新しい価値はモデルチェンジを待たずに盛り込む”という姿勢の表れでもあるような気がする。

外観の変更は最小限。ドアミラーのターンシグナルの形状が変わったくらいのものだ。写真は「25S Lパッケージ」。
外観の変更は最小限。ドアミラーのターンシグナルの形状が変わったくらいのものだ。写真は「25S Lパッケージ」。
「アクセラ」に続き、「アテンザ」にも新色「マシーングレープレミアムメタリック」が加わった。写真は色見本のパネル。
「アクセラ」に続き、「アテンザ」にも新色「マシーングレープレミアムメタリック」が加わった。写真は色見本のパネル。
「Lパッケージ」の室内については、ステアリングホイールのアクセントやインパネデコレーションパネルなどを専用色でコーディネートし、従来より高い質感が表現されている。
「Lパッケージ」の室内については、ステアリングホイールのアクセントやインパネデコレーションパネルなどを専用色でコーディネートし、従来より高い質感が表現されている。
「Lパッケージ」に装着されるレザーシートには上質なナッパレザーが採用された。また、ピュアホワイト仕様車(写真)のピラー部とルーフライナーがブラックに変更された。
「Lパッケージ」に装着されるレザーシートには上質なナッパレザーが採用された。また、ピュアホワイト仕様車(写真)のピラー部とルーフライナーがブラックに変更された。
こちらはインテリアカラーがブラックとなる仕様。ピュアホワイトと同じくナッパレザーが使用されている。
こちらはインテリアカラーがブラックとなる仕様。ピュアホワイトと同じくナッパレザーが使用されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る