マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)

出し惜しみなしの正常進化 2016.10.03 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。

再びメジャーアップデート

近ごろのなんだかイケてるマツダのイメージは、2012年に発売された初のスカイアクティブテクノロジー全部載せモデルの「CX-5」から始まった。全部載せ第2弾としてフラッグシップのアテンザが現行型にモデルチェンジしたのも同じ年だった。マツダが「魂動デザイン」と呼ぶ、彫りが深くこってりしたスタイリングと、トルキーで経済的なディーゼルエンジンの組み合わせは登場直後から人気を集めた。その後も、「アクセラ」「デミオ」「CX-3」「ロードスター」と、(同社としては)ハイペースで新型車を投入しながら現在に至る。登場から2年たった14年、アテンザは大規模なマイナーチェンジを行った。さらに2年後の今年、つまり今回、再び改良が加えられた。どう変わったかを見ていきたい。

今回のマイチェンのテーマは“今までの技術進化をフルに織り込み、人とクルマとがさらに深くつながることで、お客さまの人生を豊かにできるモチベーターとなること”だそうだ。自信に満ちあふれるマツダらしく、だんだん語る言葉のスケールが大きくなってきて若干聞いていて気恥ずかしい感じがしないわけでもないが、しかし自信がないよりはいい。

外観の変更は最小限にとどまった。具体的にはドアミラーに埋め込まれたターンシグナルの形状が異なる程度。変える必要を感じなかったのだろう。その代わり「マシーングレープレミアムメタリック」という新しいボディーカラーが設定された。その名の通り、金属の質感を表現したグレーで、陰影によるコントラストが目立ち、深みがあるすてきな色だと思う。カタログの表紙を飾るのはこれまで同様「カープレッド」、もとい「ソウルレッドプレミアムメタリック」だが、こっちのほうがずっといい。

インテリアは、最上級グレードの「Lパッケージ」に限り、オフホワイトだった天井とピラー内側の色をブラックとしたほか、ホワイトとブラックのナッパレザーを設定した。どっちの色を選んでもシートにはチタニウムカラーのパイピングがあしらわれる。加えて、インパネの加飾パネルやドアトリムスイッチなどの色をコーディネートし、質感アップに努めている。こうした取り組みは「インテリアが安っぽい」という市場の意見を受けてのことだそう。最近のマツダの“新しい価値はモデルチェンジを待たずに盛り込む”という姿勢の表れでもあるような気がする。

外観の変更は最小限。ドアミラーのターンシグナルの形状が変わったくらいのものだ。写真は「25S Lパッケージ」。
外観の変更は最小限。ドアミラーのターンシグナルの形状が変わったくらいのものだ。写真は「25S Lパッケージ」。
「アクセラ」に続き、「アテンザ」にも新色「マシーングレープレミアムメタリック」が加わった。写真は色見本のパネル。
「アクセラ」に続き、「アテンザ」にも新色「マシーングレープレミアムメタリック」が加わった。写真は色見本のパネル。
「Lパッケージ」の室内については、ステアリングホイールのアクセントやインパネデコレーションパネルなどを専用色でコーディネートし、従来より高い質感が表現されている。
「Lパッケージ」の室内については、ステアリングホイールのアクセントやインパネデコレーションパネルなどを専用色でコーディネートし、従来より高い質感が表現されている。
「Lパッケージ」に装着されるレザーシートには上質なナッパレザーが採用された。また、ピュアホワイト仕様車(写真)のピラー部とルーフライナーがブラックに変更された。
「Lパッケージ」に装着されるレザーシートには上質なナッパレザーが採用された。また、ピュアホワイト仕様車(写真)のピラー部とルーフライナーがブラックに変更された。
こちらはインテリアカラーがブラックとなる仕様。ピュアホワイトと同じくナッパレザーが使用されている。
こちらはインテリアカラーがブラックとなる仕様。ピュアホワイトと同じくナッパレザーが使用されている。
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)【試乗記】 2012.12.29 試乗記 マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)
    ……313万6500円/280万9750円

    「SKYACTIV(スカイアクティブ)」テクノロジーと「魂動(こどう)」デザインを採用し、生まれ変わった新型「アテンザ」。マツダの新たなフラッグシップモデルの実力を、まずはガソリンエンジン搭載車で試した。
ホームへ戻る