第11回 驚愕の“458ハイブリッド”

2016.10.04 エッセイ

新型「NSX」のデザインは究極の凡庸だ!

フェラーリを買い続けるトライアスロンから解脱し、いよいよ欧州の吉野家牛丼(並)の話に切り替わろうとするところだが、今こそ触れねばならないことがある。「ホンダNSX」についてだ。

私はかねてより、新型NSXについて懐疑的だった。

まず公開されていたプロトタイプのデザインが、あまりにも凡庸すぎた。どこかで見たような子供っぽい造形の寄せ集めで、どこにも斬新さや驚きがない。何一つ新しい提案がない。

生産モデルの見栄えも大差なかった。フロントグリルはホンダがアキュラ・チャンネルで展開している「マジンガーZグリル」の亜流だが、全体にデザイン専門学校の生徒の作品のようだ。

「そんなにカッコ悪くないのでは?」という声も聞く。当たり前だ。クルマは幅を広くして全高を低くすれば自動的にカッコよく見える。全長×全幅×全高は「458イタリア」とほとんど同じ。このディメンションでカッコ悪く見せる方が難しすぎる。

新型NSXのデザインは、このプロポーションにおける「究極の凡庸」だ。スーパーカーは男の夢だが、このデザインを見て、「新たな夢が誕生した!」とは欠片(かけら)も思えない。デザインを担当したアメリカ・ホンダのセンスの悪さは、NSXに限ったことではないが。

メカニズムは、前輪に独立したモーターを持つ3モーターハイブリッドで、「レジェンド」のSH-AWDを前後逆さまにしたようなもの。それ自体はいいが、私はホンダがどこまでやるか疑っていた。レジェンドのSH-AWDは、高速コーナーではアンダーステアになるように左右駆動力配分していた。

ひょっとしてホンダは、わざわざ左右駆動力配分までしてアンダーステアを出すスーパーカーを作るんじゃないか? 近年のホンダの仕事ぶりから、そんな悪夢さえ頭をよぎっていた。

新型「NSX」と筆者。
新型「NSX」と筆者。
「NSX」の新型(左)と旧型(右)。
「NSX」の新型(左)と旧型(右)。
「NSX」のプロトタイプ。
「NSX」のプロトタイプ。
「NSX」のSH-AWDシステムは、フロントに2つ、リアに1つモーターを配置している。
「NSX」のSH-AWDシステムは、フロントに2つ、リアに1つモーターを配置している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。