【パリモーターショー2016】日産、新型「マイクラ」を世界初公開

2016.09.29 自動車ニュース
新型「日産マイクラ」
新型「日産マイクラ」

日産自動車は2016年9月29日、現在開催中のパリモーターショー2016で、小型ハッチバック「マイクラ」(日本名「マーチ」)の新型を世界初公開した。2017年3月にヨーロッパで発売する予定。

ブーメラン型のテールランプを備える。ルーフは開放感を感じさせるフローティングタイプ。
ブーメラン型のテールランプを備える。ルーフは開放感を感じさせるフローティングタイプ。
インストゥルメントパネル周り。
インストゥルメントパネル周り。
タイヤサイズは205/45 R17。
タイヤサイズは205/45 R17。
ハンドル奥のAピラーにはBOSE製サウンドシステムのツイーターが見える。
ハンドル奥のAピラーにはBOSE製サウンドシステムのツイーターが見える。
「車線逸脱防止支援システム(LDP)」など、安全装備も充実。
「車線逸脱防止支援システム(LDP)」など、安全装備も充実。

■欧州ハッチバック市場のトップを狙う

今回、お披露目された新型マイクラは5代目となるモデル。世界最大のハッチバック市場であるヨーロッパをターゲットに開発された。

エクステリアデザインは、2015年のジュネーブモーターショーで公開したコンセプトカー「スウェイ」のデザインを忠実に再現し、エモーショナルで彫刻的な造形により、日産の最新のデザインランゲージを体現したという。

日産ならではの“シグネチャーデザインキュー”には、リアエンドまで伸びるキャラクターラインの出発点となる「Vモーショングリル」や、ブーメラン型のテールランプ、まるで浮いているかのように見える「フローティングルーフ」がある。また、リアドアハンドルをCピラーに隠したり、スポイラーにまで伸びるルーフラインをつけたりしたことで、空力性能とスタイルを両立させることができたという。ボディーカラーは「エナジーオレンジ」など10色を設定。エクステリアとインテリアのオプションの組み合わせにより、総計で125種類の選択肢が与えられる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3999×1743×1455mmで、先代モデルに比べて順に+174/+77/-55mmとなる。ホイールベースも2525mmと先代より75mm長くなり、室内空間が広がって快適性が増した。これにより、シートスライドの可動域が長くなり、それと併せてステアリングやペダル、シフトレバーの位置を最適化することで、理想的なドライビングポジションがもたらされるとアピールされる。

■安全装備に抜かりなし

マイクラは、欧州のBセグメントで初採用となる「車線逸脱防止支援システム(LDP)」や日産ブランド車としては欧州初となる「歩行者認識機能付きインテリジェントエマージェンシーブレーキ」を搭載。また、上級セグメントに搭載する「インテリジェントアラウンドビューモニター」「標識検知機能」「ハイビームアシスト」「ブラインドスポットワーニング」などの技術も採用。これらの安全装備を全グレードに与えるという。

また、マイクラ専用の機能として、Bose社とのコラボレーションによって開発された「Boseパーソナルサウンドシステム(6スピーカー)」を搭載。運転席のヘッドレストには2つの「Bose UltraNearfield」スピーカーが備わり、引き込まれるような音質を実現したという。

シャシーには、快適な乗り心地を実現する「アクティブライドコントロール」と、アンダーステアを低減して軽快なハンドリングをサポートする「アクティブトレースコントロール」が搭載される。両システムは、欧州の「キャシュカイ」と「エクストレイル」にも採用されている。また、ブラシレス電動パワーステアリングシステムを搭載し、ステアリングフィールとレスポンスが向上したとされる。

パワーユニットは、90ps/14.3kgm(オーバーブースト時は15.3kgm)を発生する0.9リッター3気筒ターボと、90ps/22.4kgmを発生する1.5リッター4気筒ディーゼルの2種類がラインナップされる。また、75ps/9.7kgmの1リッター3気筒エンジンも追加される予定。トランスミッションは、現時点では5段MTのみが用意される。

新型マイクラは、ルノー・日産アライアンス戦略の一環として、フランスにあるルノーのフラン工場で生産される。

(webCG)

→新型「マイクラ」の詳しい画像はこちら

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • スバル、新型「プレオ プラス」を発売 2017.5.9 自動車ニュース スバルは2017年5月9日、新型「プレオ プラス」を発売した。兄弟車の「ダイハツ・ミラ イース」と足並みをそろえて安全性能を強化したほか、使い勝手や走行性能、燃費性能などを改善した。車両価格は89万6400~135万円。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー 2017.5.26 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」(3ドア)を公開した。その姿を画像で紹介する。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
ホームへ戻る