【パリモーターショー2016】レクサスがコンパクトクロスオーバーの「UXコンセプト」を発表

2016.09.29 自動車ニュース

「レクサスUXコンセプト」


	「レクサスUXコンセプト」

トヨタ自動車は2016年9月29日、パリモーターショー2016において、レクサスのコンパクトクロスオーバーの将来像を示すコンセプトモデル「UXコンセプト」を世界初公開した。

 
【パリモーターショー2016】レクサスがコンパクトクロスオーバーの「UXコンセプト」を発表の画像
 
【パリモーターショー2016】レクサスがコンパクトクロスオーバーの「UXコンセプト」を発表の画像
 
【パリモーターショー2016】レクサスがコンパクトクロスオーバーの「UXコンセプト」を発表の画像
 
【パリモーターショー2016】レクサスがコンパクトクロスオーバーの「UXコンセプト」を発表の画像

■レクサスの描く未来のコンパクトクロスオーバー像を示唆

レクサスUXコンセプトは、高いデザイン性やコンパクトなボディー、乗員の快適性などを同時に実現し、先進的な都市生活者の期待に応えることを目指したというコンセプトモデルである。

クロスオーバー車ならではの力強いエクステリアの意匠や、低い車高、クーペのようなドライビングポジションなどが特徴で、特に俯瞰(ふかん)からのデザインについては、エクステリアとインテリアがキャビンを中心にしたX線状でつながって見えるという「インサイド・アウトコンセプト」を採用。ホイールアーチやルーフバー、電子ミラーを同じ素材感で仕上げることで、キャビン内側との一体感や連続性を演出しているという。

また、フロントまわりでは最近のレクサス車の特徴となっているスピンドルグリルやL字型ランプに加え、ワイド感や力強い存在感を強調するため、バンパー左右のエアダクトにファイバー形状のランプを採用。リアではテールランプをスポイラーと一体とすることで立体的な構造を強調している。さらにタイヤについても、ホイールのスポークと連続性を持たせた模様をサイドウオールに施すなど、独自のデザインを取り入れている。

一方、インテリアは前席まわりをシャープなイメージの、後席まわりをソフトなイメージのデザインとするなど、前席と後席とで異なる趣が表現されている。特にフロントは人間工学に基づいたドライバー主体の設計となっており、ホログラムなどのヒューマンマシンインターフェイス技術を用いて先進的なドライビング体験を提供するとアピールされる。またAピラーはアルミ部材にフィン形状のポリカーボネート材が接合されたシースルー構造とすることで、外への広がり感が演出されている。

(webCG)

→「レクサスUXコンセプト」の詳しい画像はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。