「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)

2016.09.29 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像

谷口信輝の新車試乗――フェラーリ488GTB(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「フェラーリ488GTB」に試乗する。670psものハイパワーを誇る488GTBに、意外や、恐る恐る近づいた谷口。スーパーカー世代の彼にとって、フェラーリとはどんな存在なのか。

 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像

■辛口に批評するなら……

「変な言い方だけど、488GTBはイカしているからこそ、アラを探しちゃいたくなるクルマでもあるんですよ」
おーっと、谷口の辛口コーナーがそろそろ始まりそうな気配である。

「たとえばブレーキは、もうちょっと制動力がしっかり立ち上がってもいいですよね。あと、パドルシフトはもう少しカチッとしたところがあってもいい。いまのままだと、ちょっとストロークが長めだし、感触がソフト。あとは小回りが利かない。なにせステアリングは左右に1回転ずつしか回りませんからね。それとバックモニターとかないし、助手席側にエンターテインメント系がないのもNG。いや、僕がダメっていうんじゃなくて、ウチの嫁さんが認めてくれない。もしも僕がフェラーリの鍵を持って『ねえ、どこかに食事しに行こうよ』って誘っても、『その鍵じゃない』って絶対に言われそう。まあ、ウチの嫁さんはフェラーリがキライっていうわけじゃなくて、スポーツカー全般が苦手なだけなんだけど……」

いっぽうで、現在40代、50代の男性の多くは、フェラーリに自動的に惹(ひ)かれてしまうのではないか?
「それはありますよね」
谷口が同意してくれた。

では、その根源にある思いとは、何なのだろうか?
「やっぱりスーパーカー消しゴムでしょ!」
谷口から意外な答えが返ってきた。

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
488GTBフェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • 第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ! 2017.8.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第56回は「激安車の粗悪車(?)に賭けろ!」。諸経費の高さに驚きつつも、「BMW 320d」の購入に踏み切った筆者。いったいナゼ!? 安心をとるか、リスクをとるか。中古車選びには常に賭けがつきまとう。
ホームへ戻る