「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)

2016.09.29 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像

谷口信輝の新車試乗――フェラーリ488GTB(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「フェラーリ488GTB」に試乗する。670psものハイパワーを誇る488GTBに、意外や、恐る恐る近づいた谷口。スーパーカー世代の彼にとって、フェラーリとはどんな存在なのか。

 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)の画像

■辛口に批評するなら……

「変な言い方だけど、488GTBはイカしているからこそ、アラを探しちゃいたくなるクルマでもあるんですよ」
おーっと、谷口の辛口コーナーがそろそろ始まりそうな気配である。

「たとえばブレーキは、もうちょっと制動力がしっかり立ち上がってもいいですよね。あと、パドルシフトはもう少しカチッとしたところがあってもいい。いまのままだと、ちょっとストロークが長めだし、感触がソフト。あとは小回りが利かない。なにせステアリングは左右に1回転ずつしか回りませんからね。それとバックモニターとかないし、助手席側にエンターテインメント系がないのもNG。いや、僕がダメっていうんじゃなくて、ウチの嫁さんが認めてくれない。もしも僕がフェラーリの鍵を持って『ねえ、どこかに食事しに行こうよ』って誘っても、『その鍵じゃない』って絶対に言われそう。まあ、ウチの嫁さんはフェラーリがキライっていうわけじゃなくて、スポーツカー全般が苦手なだけなんだけど……」

いっぽうで、現在40代、50代の男性の多くは、フェラーリに自動的に惹(ひ)かれてしまうのではないか?
「それはありますよね」
谷口が同意してくれた。

では、その根源にある思いとは、何なのだろうか?
「やっぱりスーパーカー消しゴムでしょ!」
谷口から意外な答えが返ってきた。

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

488GTBの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
ホームへ戻る