「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ488GTB(後編)

2016.09.29 mobileCG

谷口信輝の新車試乗――フェラーリ488GTB(後編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「フェラーリ488GTB」に試乗する。670psものハイパワーを誇る488GTBに、意外や、恐る恐る近づいた谷口。スーパーカー世代の彼にとって、フェラーリとはどんな存在なのか。

■辛口に批評するなら……

「変な言い方だけど、488GTBはイカしているからこそ、アラを探しちゃいたくなるクルマでもあるんですよ」
おーっと、谷口の辛口コーナーがそろそろ始まりそうな気配である。

「たとえばブレーキは、もうちょっと制動力がしっかり立ち上がってもいいですよね。あと、パドルシフトはもう少しカチッとしたところがあってもいい。いまのままだと、ちょっとストロークが長めだし、感触がソフト。あとは小回りが利かない。なにせステアリングは左右に1回転ずつしか回りませんからね。それとバックモニターとかないし、助手席側にエンターテインメント系がないのもNG。いや、僕がダメっていうんじゃなくて、ウチの嫁さんが認めてくれない。もしも僕がフェラーリの鍵を持って『ねえ、どこかに食事しに行こうよ』って誘っても、『その鍵じゃない』って絶対に言われそう。まあ、ウチの嫁さんはフェラーリがキライっていうわけじゃなくて、スポーツカー全般が苦手なだけなんだけど……」

いっぽうで、現在40代、50代の男性の多くは、フェラーリに自動的に惹(ひ)かれてしまうのではないか?
「それはありますよね」
谷口が同意してくれた。

では、その根源にある思いとは、何なのだろうか?
「やっぱりスーパーカー消しゴムでしょ!」
谷口から意外な答えが返ってきた。

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
488GTBフェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
ホームへ戻る