【パリモーターショー2016】アウディが最高出力400psの「RS 3セダン」を発表

2016.09.30 自動車ニュース
「アウディRS 3セダン」

独アウディは2016年9月29日、パリモーターショー2016において高性能スポーツセダン「RS 3セダン」を世界初公開した。

 
 
 
 
 
 

■最高出力400ps、0-100km/h加速は4.1秒

RS 3セダンは、アウディのコンパクトセダン「A3セダン」をベースとしたハイパフォーマンスモデルである。

パワーユニットは2.5リッターの直列5気筒直噴ターボエンジンで、最高出力は従来のRSモデル用5気筒エンジンより33ps高い400psを発生。最大トルクは49.0kgmで、1700-5850rpmという幅広い回転域で発生する。同時に、軽合金製のクランクケースを採用したことで従来のエンジンから26kgの軽量化も実現。ポート噴射と筒内直接噴射の両方を備えたデュアルインジェクションや、排気バルブのタイミングを可変制御するアウディバルブリフトの採用などにより、出力特性の最適化と燃料消費の抑制を両立しているという。

これに組み合わせるトランスミッションには、デュアルクラッチ式ATの7段Sトロニックを、駆動システムには動力伝達機構に電子油圧制御式の多板クラッチを用いた「クワトロ」フルタイム4WDを採用。これらにより、RS 3セダンは0-100km/hが4.1秒という優れた加速性能を実現している。最高速はリミッターにより250km/hに制限されているが、リミッターの作動速度を280km/hに引き上げることもできる。

このほかにも、コーナリング性能を高めるため、内輪に軽くブレーキをかけることでスムーズで安定したハンドリングを実現する「ホイールセレクティブトルクコントロール」を搭載。ESCシステムにはRSモデル専用のスポーツモードが設定されており、一定の条件下であればドリフトコントロールも可能となっている。

足まわりの仕様も標準モデルとは大きく異なり、サスペンションについては車高を25mm下げたタイトなセッティングを採用。トレッドもフロントで20mm、リアで14mm拡幅しており、それに伴いホイールアーチもより張り出した形状となっている。ホイールは19インチで、標準仕様の235/35サイズに加えてオプションで255/30サイズのタイヤも用意される。また、強化されたブレーキシステムも同車の特徴で、フロントには370mmのローターと8ピストンキャリパーを採用。オプションでカーボンファイバーセラミック製のローターも選べる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。