【パリモーターショー2016】ポルシェ、新型「パナメーラ」のPHEVをお披露目

2016.09.30 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド」と独ポルシェのオリバー・ブルーメ会長。
「ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド」と独ポルシェのオリバー・ブルーメ会長。 拡大

独ポルシェは2016年9月29日、パリモーターショー2016において、プラグインハイブリッド車の「パナメーラ4 E-ハイブリッド」とレーシングカー「911 GT3カップ」を発表した。

プレスカンファレンスで登壇するオリバー・ブルーメ会長。「パナメーラ4 E-ハイブリッド」はすでに概要が発表されており、日本では2016年10月11日に予約受け付けが開始される。価格は1407万円
プレスカンファレンスで登壇するオリバー・ブルーメ会長。「パナメーラ4 E-ハイブリッド」はすでに概要が発表されており、日本では2016年10月11日に予約受け付けが開始される。価格は1407万円。 拡大
「911 GT3カップ」
「911 GT3カップ」 拡大

今回のパナメーラ4 E-ハイブリッドは、2016年4月にデビューした新型「パナメーラ」のプラグインハイブリッドモデルである。パワーユニットは最高出力330ps、最大トルク45.9kgmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンと、最高出力136ps、最大トルク40.8kgmの電動モーターの組み合わせで、システム全体では462psの最高出力と71.4kgmの最大トルクを発生。0-100km/h加速は4.6秒、最高速は278km/hという動力性能を実現している。

また、先代モデルより蓄電量の増したリチウムイオンバッテリーにより。新欧州ドライビングサイクルによる計測で50kmの一充電走行距離を達成。燃料消費量は2.5リッター/100km(40.0km/リッター)、電力使用量は15.9 kWh/100 kmと公称されている。

一方の911 GT3カップは、ポルシェが主催するワンメイクレース用の競技車両として、ポルシェ モータースポーツによって開発されたGTレーシングカーである。車両重量は1200kg。吸排気の双方に可変カムシャフトコントロールを備えた4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンは485psの最高出力を発生する。

(webCG)
 

関連キーワード:
911パナメーラポルシェパリモーターショー2016イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
ホームへ戻る