初代の誕生30周年を記念する「BMW M3」限定発売

2016.09.30 自動車ニュース

BMWジャパンは2016年9月30日、「BMW M3」の特別限定車「30 Jahre(ドライスィッヒ・ヤーレ)M3」を導入すると発表した。全世界500台限定で、日本市場では30台が販売される。同日、購入希望予約の受け付けが開始され、希望者多数の場合は抽選となる。デリバリー開始は2016年10月末となる見込み。

今回の30 Jahre M3は、初代M3のデビュー30周年を記念した、現行型M3の限定モデルで、車名の「30 Jahre」はドイツ語で「30年」を意味する。内外装は専用に仕立てられており、ボディーカラーには初代M3の特別色として初めてBMWのカラーラインナップに加わった「マカオブルーメタリック」を採用。室内については、フロントシートのヘッドレストに「30 JAHRE M3」のステッチを施したブラック/フィヨルドブルー・ツートンカラーのメリノレザーインテリアを採用するほか、カーボンファイバー製のインテリアトリムにも同じく「30 JAHRE M3」のロゴと、500台限定であることを示す「1/500」というレタリングが施される。日本仕様は右ハンドルとなる。

主な特別装備は以下の通り。
・専用ボディーカラー「マカオブルーメタリック」
・フルレザーメリノインテリア「ブラック&フィヨルドブルー」(専用カラー)
・フロントシートヘッドレスト(専用”30 JAHRE M3”ステッチ付き)
・カーボンファイバートリム「ブラッククロームハイライト」(専用”30 JAHRE M3”ロゴ&1/500レタリング付き)
・スカッフプレート(専用”30 JAHRE M3”ロゴ付き)
・コンペティションパッケージ(エンジン最高出力450ps、アダプティブMサスペンション<コンペティションパッケージ専用セッティング>、専用DSCセッティング、専用アクティブMディファレンシャルセッティング、ハイグロスブラック・キドニーグリル、サイドギル、リアモデルバッジ、20インチ鍛造Mライトアロイホイール・スタースポークスタイリング666M<フロント:9J x 20インチ+265/30ZR20/リア:10J x 20インチ+285/30ZR20>、Mスポーツ・エキゾーストシステム<ブラッククローム仕上げデュアルエキゾーストテールパイプ>、Mストライプ付きシートベルト)

価格は1340万円。

(webCG)

「BMW 30 Jahre M3」
「BMW 30 Jahre M3」
 
初代の誕生30周年を記念する「BMW M3」限定発売の画像
インテリアトリムに施される、500台限定を示すロゴ。
インテリアトリムに施される、500台限定を示すロゴ。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
ホームへ戻る